コブシタムシバハクモクレンモクレンなど( モクレン属
モクレン科は、東アジアと北アメリカ東部に隔離分布する植物群のひとつで、被子植物の古い形態を残しています。 花には雄しべ・雌しべが多数あり、顕花植物の多くで環状に構成されるものが、モクレン属ではらせん状(タイサンボク参照)に並んでいます。 このらせん状構造は白亜紀の花の化石にもなっていて、このことから以前は、古代の花の始まりは大型だったという説もありました。 近年、小さな花の化石が発見されたり、現存している起源の古い植物の形態などから、同仮説は過去のものとなりました。 モクレン科の構成は全て木本で、花が大きく美しいことから、特に欧米では人気が高く、品種の創出が多く行われています。
コブシタムシバハクモクレン 生薬名:辛夷 (シンイ) [ 局 ]※1 用途:漢方薬
コブシ(辛夷)は、17〜8mになる落葉高木で、和名は、果実が握り拳(こぶし)の形※2であることから名づけられています。 葉は、長楕円形〜広卵形で、互生します。早春、まだ他の木々が芽吹く前に、葉に先立って開花し、白い花を咲かせます。花被片は9枚あり、内側の大きな花被片が6枚、外側の小さいものが3枚になっています。 開花時の花被片は、全開し、このとき、花の下に小さい葉を1枚つけるのが特徴です。
昔は、コブシの開花時期によって農作業の準備をしたとのこと。田植えに先立って、田んぼを掘り起こす作業を始める時期に咲くということから、「田打ち桜」の別名があります。

薬用部位は、つぼみで、生薬名はコブシの漢字名と同じで辛夷(しんい)。成分は、シネオール、シトラール、メチルオイゲノールなどで、鎮静・鎮痛効果があり、漢方では鼻炎、蓄膿症や頭痛などに用いられます。 もともとは、タムシバととも中国産の代用品として開発使用されたものです。

※1 日本薬局方外生薬規格集収載品[局外]としていましたが、改正により日本薬局方収載品[ 局 ]に変更
※2 果実ではなく、つぼみがの形が子供のにぎりこぶしに似ているからとする説もあります。
コブシ Magnolia kobus De Candolle 撮影・東京都薬用植物園
タムシバは、コブシと同様に早春、葉に先立って開花し、花被片の数は同じで、外見もよく似ています。 農作業の指標としても、コブシとタムシバは同様にみなされていて、この点でも両種は似ています。
花期には花の直下の葉が展開していないこと、3枚の顎片(花被片)は、白く細い花弁のように見えることで区別ができます。 葉は、広被針形でコブシよりも幅が狭く、噛むと甘味があるため、サトウシバやカムシバ「噛む柴」の別名があります。タムシバ(田虫葉)はカムシバが訛ったものとされています。 また、枝に芳香があることからニオイコブシという別名もあります。 樹高は、普通4〜5m、大きいものでは10mになります。日本海側に多く、本州以南の山林に自生しています。

2014.04.05.追記 タムシバ 撮影・東京都薬用植物園
タムシバ Magnolia salicifolia Maximowicz
生薬の辛夷には、他にハクモクレン(白木蓮)など※3の花蕾も利用されます。 ハクモクレンは、中国のマグノリアを代表する高木で、樹高10〜15m程に成長する大型のモクレン属です。春、葉に先立ってコブシより、やや大き目の白い花は咲かせます。 花被片は平開せず、開花時に花の下に葉をつけることもないので、コブシとの区別ができます。

※3 辛夷の基原植物は、次の通り
 コブシ(辛夷) Magnolia kobus De Candolle 、 タムシバ(田虫葉) Magnolia salicifolia Maximowicz
 ハクモクレン(白木蓮) Magnolia heptapeta Dandyx 、ボウシュンカ(望春花) Magnolia biondii Pampanini
 マグノリア・スプレンゲリ Magnolia sprengeri Pampanini
ハクモクレン Magnolia heptapeta Dandy
syn. Magnolia denudata Desrousseaux
モクレン Magnolia quinquepeta Dandy
syn. Magnolia liliflora Desr.

撮影・東京都薬用植物園

モクレン(別名 紫木蓮) 観賞用

中国原産のモクレンは、根元から何本も幹が立ちます。樹高は5m程度になりますが、幹が太くならないため、コブシやハクモクレンと比べると小さくひ弱に見えます。 花被片の外側は赤紫色、内側は白くなり、幅がハクモクレンの半分程度であるため、舌状に細長く見えます。ハクモクレンと同様に平開はせず、葉の展開する前に咲き始めますが、開花の時期が長いため、葉が広がってからも咲いています。 ハクモクレンに対して紫木蓮(シモクレン)と呼ぶこともあります。

タイサンボク(泰山木など) 観賞用

タイサンボク(泰山木、大山木など)は、北アメリカの東南部原産で、樹高が20m以上にもなる常緑高木です。 日本へは明治初期に入り、主に公園などの広い場所に植栽されますが、剪定もできるので庭木としての利用もできます。
葉は大きく、長さ20〜30cm、表面には強い光沢があり、葉裏には、茶色の軟毛が密生します。本来、常緑ですが、寒い地方では落葉し、春に再び葉がでることもあります。
花は、樹高が低い段階ではつけることはなく、一定の高さになってから初めて蕾をつけます。花期は6月ごろ、大きな白い花は展開すると径25cmにもなり見ごたえがあります。花には上品な強い芳香があります。

近年では、やや小型の樹形でも開花する品種が開発されています。従来よりも低い位置に花がつくため、多数の雄しべ雌しべが、らせん状に並ぶ様子が良く観察できます。
タイサンボク Magnolia grandiflora L. 撮影・京都府立植物園

シデコブシ(四手辛夷)観賞用

シデコブシ(四手辛夷)は、細長い十数枚の花被片が特徴で、庭木としても利用されています。 シデとは、注連縄や玉串につけて垂らす紙のことで、本来は紙垂(しで)と書き、四手は当て字。 十数枚の花被片が四手に似ているとしての名前です。自生地では個体数が減り、絶滅危惧種になっています。

2005.04.New-2014.04.Re
シデコブシ Magnolia stellata Maxim.撮影・つくば実験植物園
このページのトップへ