テンダイウヤク  クスノキ科

テンダイウヤク 生薬名:ウヤク ( 烏薬、天台烏薬 )[ 局 ] 用途:漢方薬

テンダイウヤクは、中国原産の樹高3m程度になる常緑低木です。葉は広楕円形で先がとがり、クスノキ科の特徴である3本の脈が目立ちます。 江戸時代、享保年間に渡来したとされ、暖地で栽培されていますが、各地で野生化もしています。 春に葉腋に淡黄色の小花をまとめてつけます。果実は楕円形で初め緑色から熟すと黒くなります。この実がカラスのように黒くなることから烏薬(うやく)と呼ばれています。 「天台」は、中国の天台山の産出品が良品であったことに由来するとされています。雌雄異株。

テンダイウヤクの根は、樟脳のような芳香があります。腎臓病やリウマチに効果があるとの説もありますが、国内では芳香性健胃として漢方薬に処方されています。
テンダイウヤク天台烏薬 Lindera strychnifolia Vill. 撮影地・東京都薬用植物園、他
 渡来時期については、以下の徐福伝承とは一致しない。

徐福は、中国・秦の始皇帝に不老不死の霊薬を探すと上奏して船出をし、熊野地方を訪れたという伝承が残っています。 約2200年前のことで、そのときに見つけ出したものが、天台烏薬といわれています。
他には、徐福は秦から逃れるため霊薬入手を名目に、日本へ集団移民したという説もあります。こうした徐福伝承は熊野地方だけでなく、全国に各種の伝承があります。


Lindera は、スウェーデンの植物学者の名前から
strychnifolia は、マチンのような葉の意味
・・・葉の質感が違いますが、右画像参照・・・
テンダイウヤクの葉は互生、マチンは、対生の違いがあります。

2013.04.New
マチン
 Strychnos nux-vomica
このページのトップへ