チョウセンゴミシ  マツブサ科

チョウセンゴミシ 生薬名:ゴミシ( 五味子 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

チョウセンゴミシは、ブドウの房 のような実がなる、つる性の落葉木本です。 葉は、互生して、葉身は倒卵形で鋸歯があります。花は白色か淡黄色をしていて葉腋からでます。雌雄異株。

ゴミシ( 五味子 )は、五つの味がするという意味。果皮や核などの部位によって味が違うという説、初めは酸っぱくて後から渋くなるといった説などがあります。 秋に赤く熟した実を採取、乾燥したものを生薬として使用します。漢方では、鎮咳、強壮、強精などを目的として処方されています。

マツブサ科 : 実が房になり、樹皮が松脂のような匂いがすることからマツブサ(松房)と呼ばれる植物の名前が科名になった。

2013.05.15.New
チョウセンゴミシ Schisandra chinensis 撮影地・明治薬科大学薬用植物園、他