ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科) 有毒植物

ウマノスズクサは、つる性の多年草で、関東以西の川の土手などに生えます。 葉は互生し、先端は丸く葉柄付近の基部はハート型に凹み、両側は耳型になります。
花は、球体にラッパをつけ、先端部を斜めに切り落としたような特異な形をしています。これはガクが筒状になったもので、ガク筒の内側には毛が密生しています。 この毛は奥の方向に毛先を向けていて、小型のハエなどの昆虫が入り易く、脱出しにくい構造になっています。 花弁はなく、雄しべや雌しべは、ガク筒の基部の膨らんだ部分の中に入っています。 雌性先熟で、虫が入り込むと、逆毛で脱出できなくなります。ずっと閉じ込めているのではなく、雌性期が終わり雄性期になると、逆毛が縮んで虫は外に出られるようになります。 本種は子房下位で、球体の先の花柄がやや太くなった部分が子房にあたります。

ウマノスズクサの和名は、その果実の形が馬につける鈴に似ているとしてつけられたとされます。果実ができることは稀です。

ウマノスズクサの葉、根、果実には、有毒なアルカロイドのアリストロキア酸 Aristolochic acid が含まれています。 過去には、根を薬用としたこともありましたが、腎臓に傷害を起こす事例が多くあり、現在では生薬としての使用は控えられています。
このアリストロキア酸を含むウマノスズクサを食草としているのがジャコウアゲハです。 幼虫は、自身に有毒成分を蓄える選択蓄積を行い、この毒は成虫になっても残ります。 捕食者が、ジャコウアゲハは有毒で食べられないと学習すると、以後は忌避されるという種としてのメリットがあります。目立つ体色は、そのための警告色といわれています。

 選択蓄積 : 昆虫は色々な方法で植物の有毒成分に対応している。 害を受けないように処理排泄したり、栄養の一部にしていると思われるケースもある。ジャコウアゲハの場合は、蓄えた有毒成分をそのまま防御の手段として利用している。 同様の例としては、トウワタ とオオカバマダラの関係がよく知られている。

2013.10.09.New
ウマノスズクサ Aristolochia debilis Sieb. et Zucc. 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ