ウスバサイシン ウマノスズクサ科

ウスバサイシン 生薬名:細辛 (サイシン) [ 局 ] 用途:漢方薬

和名は、カンアオイの仲間より葉が薄いので、薄葉。その”細”い根には、舌を少し麻痺させる”辛”味があるところから、細辛。あわせてウスバサイシンと名付けられました。 根元から10cm程度ある葉柄の先に心形の葉をつけます。日陰の林床を好み、冬でも葉の残るカンアオイ(寒葵)とは異なり、冬は地上部がなくなります。
花は、焦げ茶色〜暗紫色の地味なもので、地面すれすれに咲きます。 種子は真下に落ちるだけですが、蟻が好む物質(種枕・エライオソーム)がついていて、エサとして運ばれることにより、アリの行動範囲に播種されます。

薬用とされるのは根と根茎の部分で、地上部は除きます。 その精油成分には、鎮痛、鎮静、解熱の作用があり、小青龍湯などの漢方処方に使用されています。 生薬の ”細辛”は、ウスバサイシンとケイリンサイシンと規定されています。国内産はほとんどなく、ケイリンサイシンを基原としたものを中心として、ほぼ輸入でまかなわれています。 なお、分類上の学説の違いにより学名が2つあるので併記しました。
ウスバサイシン Asiasarum sieboldii F.Maek. または Asarum sieboldii Miq
ケイリンサイシン Asiasarum heterotropoides (Fr. Schm.) F. Maek. var. mandshurisum F. Maekawa
または Asarum heterotropoides var. mandshuricum 撮影・東京都薬用植物園
ウスバサイシンの地上部は、腎障害をおこすアリストロキア酸 Aristolochic acid を含んでいることが知られています。 日本で使用するのは、根と根茎の部分だけですが、外国で処方されたものには地上部も使用していることがあります。 同じ処方名であっても、使用部位によっては成分が異なることもあり、服用には注意が必要です。

2012.09.Re
サイシン 細い根が沢山ついている
参考まで
カンアオイ(寒葵)

冬でも葉が残っているので寒葵(カンアオイの名前。 地下部を土細辛(ドサイシン)といい、細辛代用にされました。
ウスバサイシンと同じく種子は真下にこぼすだけ。そのため、自生の範囲が狭く、絶滅危惧種やその予備軍が多くあります。

カンアオイ
Asarum kooyanum Makino var.nipponicum Kitamura
撮影・明治薬科大学植物園 2003.12.13.
このページのトップへ