ゴシュユ  ミカン科

ゴシュユ 生薬名:呉茱萸(ゴシュユ)[ 局 ] 用途:漢方薬

ゴシュユは、中国原産の落葉低木で雌雄異株です。葉は奇数羽状複葉で、対生し、小葉の長さは、10〜20cm。 元々は「茱萸」だけでゴシュユを指したものが、「呉」の地の品質が良いことから「呉茱萸」の名前になったそうです。
中国と日本では生産しているゴシュユの種が異なり、日本では Euodia ruticarpaを栽培しています。中国の Euodia officinalis を ホンゴシュユというのに対し、 ruticarpaをニセゴシュユといいます。

薬用部位の果実は、6mm内外の扁平な球形をしており、独特の香りがあります。果実は赤紫色になってから採取し、1年ほど寝かしてから漢方処方に配合使用します。 頭痛腹痛などの鎮痛薬として、また健胃や下痢止めなどに効果があります。



ゴシュユの学名について : 従来、属名は、Evodia とされていたが、E v odiaより以前に、E u odiaとする学名の記載があったため、 最近の出版物は、Euodia を選択する記載が増えてきた。 種小名 rut ae carpa も、ラテン語の文法を理由に rut i carpa が正しいとするものが多くなっている。 旧学名は、下記( )内の通り。

2006.01.New-2012.08.Re
ゴシュユ Euodia ruticarpa Bentham (Evodia rutaecarpa)  別名ニセゴシュユ 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ