ハナノキ APG(ムクロジ科)
ハナノキの名前は、葉の出る前の3月終わりから4月にかけて、木全体を染めるように赤い小さな花をつけることからきています。 湿地帯を好む傾向がある日本の固有種で、雌雄異株。恵那山を中心とした岐阜・愛知・長野の県境付近と滋賀県の一部にだけ稀に自生します。 樹高25mになる落葉高木ですが、大きな木はごくわずかしか残っていないそうです。
絶滅の危機が増大している絶滅危惧U類のカテゴリーに分類されていて、大木や自生地は国の天然記念物の指定を受けています。 また、愛知県では県の木に指定されていて、自生地の保護の他に、公園等への植栽も行い保存を図っています。

雄花は、5つの花弁と5〜6本の雄しべからなり、雌花には、退化した雄しべと先端が2裂する雌しべがあります。種子は、開花後2ケ月程度、5月中にできます。
葉は普通3裂しますが、中には全く裂けないものもあります。縁には全体に鋸歯があり、葉の裏側は白い粉をかけたような色合いになります。 多くのカエデ属と同様に紅葉し、晩秋には真っ赤に染まります。

ハナノキは雌株の割合が少なく、雄株の5分の1程度という場所もあるようです。 東京都薬用植物園の2本は、いずれも雄株。 挿し木で増やすことが難しく、2005年にはその花粉を採取して、他の地域にある雌株に受粉させたとのことです。 結実した種子のうち、数個が発芽したそうですが、雌株が入っているかどうか不明です。


ハナノキ Acer pycnanthum

雄花(上) 東京都薬用植物園
雌花(下) つくば実験植物園
上左:春(雄株)、上右:秋

右 :落ち葉
左 :3裂した葉

新エングラー分類では、カエデ科でしたが、APG分類では、ムクロジ科に組み入れられています。

2006.04.-2008.11.Re
このページのトップへ