ツナソ 別名 コウマ( 黄麻 ) 英名 ジュート APG分類 : アオイ科
シマツナソ 別名 モロヘイヤ など ( 新エングラー : シナノキ科 )

ツナソ( 綱麻 )は、コウマ( 黄麻 )ともいい、熱帯から亜熱帯の湿潤な環境に生える一年生草本です。 繊維の採取を目的に栽培され、繊維原料名としては、ツナソの英名ジュート( jute )と呼ばれることが一般的です。 中国原産とみられていますが、利用方法はインドで発展し、インドが最大の生産国になっています。過去には、日本でも栽培されたこともあります。

ツナソ( 綱麻 )は、芽生えから100〜120日で、2〜3mの高さに成長します。葉は卵形から狭卵形で先が尖り、鋸歯があります。葉身の基部付近は、鋸歯と同程度の幅の小さな裂片になります。 国内では8月が花期になり、黄色の5弁花を葉腋にまとめてつけます。果実はさく果で、初め球形、普通10本の縦筋が入ります。

属名 Corchorus は、cores 下だす、革新する+core 瞳孔の複合語。眼病に利用されたことから名付けられたとみられます(詳細未確認)。
種小名 capsularis は、「さく果の」の意味。
ツナソ Corchorus capsularis L.撮影・つくば実験植物園、他
ジュートの繊維は、夏に茎を刈り取り、水に浸し発酵させた後、繊維の含まれる靱皮部を剥がし採ります。水を利用して採取しますが、ジュート繊維そのものは水に対する強度が不足しています。 そのためロープの材質には向かず、耐久性にも乏しいため、ヒモや袋などに利用されます。
また、次項に挙げる近縁のシマツナソも、ツナソより品質は劣るとされますがジュートの代用として栽培されています。

シマツナソ( 縞綱麻 )は、インド原産とされる1年草です。ジュートの代用にもなる原料植物ですが、日本では繊維原料ではなく、葉を食用とするために栽培されています。 暖地では畑から逸出して野生化もしています。別名、ナガミツナソ、タイワンツナソともいいますが、一般的には、モロヘイヤという名前の方が知られています。
シマツナソ( 縞綱麻 )の草丈は2m程になり、茎葉は、ほぼ無毛です。葉は互生し、長卵形から長楕円形で先は尖り、鋸歯があります。葉身基部の小さな裂片は、先端が長くのび暗紫色の糸状になります。 葉柄の付け根には、暗紫色をした耳状の小突起がつきます。花期は、9〜10月、葉に対生する形で黄色の5弁花をつけます。果実は円柱状で、ナガミツナソ( 長実綱麻 )の別名は、この果実の形からきています。

種小名 olitorius は、「 野菜畑の、台所用の 」の意味で、名前の通り食用とする葉は栄養価が高いと評価されています。 しかし、果実については毒性があるため食用には不適です。特に、種子には心不全を起こす強心配糖体を含み、死亡例もあり、食用は厳禁です。

 死亡例 : 牛の飼料による死亡事故 東京都福祉保健局

2014.03.27.New
シマツナソ 別名 タイワンツナソ、モロヘイヤなど Corchorus olitorius L. 撮影・東京都薬用植物園、他
このページのトップへ