キハダ ミカン科

キハダ 生薬名:オウバク(黄柏) [ 局 ] 用途:漢方薬・製造原料

キハダ(黄肌、黄柏、黄檗)は、山地に自生する樹高20mを超える落葉高木です。葉は、奇数羽状複葉で対生し、小葉は、長楕円形で先は尖ります。 雌雄異株。5〜6月頃、円錐花序に黄緑色の小花をつけます。
和名は、樹皮の外皮を除いた内樹皮が鮮黄色であることからつけられています。種小名 amurense は、シベリヤのアムール地方を指す「 アムールの 」の意味。

内樹皮は、生薬名 オウバク(黄柏※1または黄檗)といい、苦味が強く、苦味健胃整腸薬として漢方に処方されています。 成分のベルベリン( 類似生薬:オウレン )は、抗菌作用や鎮痙作用もあることから止瀉薬にも配合されています。 その他にも、収斂(しゅうれん)作用※2 があるため、打ち身や捻挫の パップ剤※3として用いられます。

※1 黄柏 : 黄色の柏(カシワ)と書くが、カシワそのものは、ブナ科。 真柏(しんぱく)のようにヒノキ科の針葉樹に柏の漢字を充てる場合があるが、オウバクとの関連性はない。
※2 収斂作用 : 皮膚組織や血管を縮める(引き締める)作用で、止血、鎮痛、防腐などの効果がある。
※3 パップ剤 : 有効成分と基剤を混ぜ布やフィルムに薄く延ばした製剤で、皮膚に直接貼って使う。

薬用以外では、鮮やかな黄色の染料として利用されていたこともあります。

2013.08.New
キハダ Phellodendron amurense Ruprecht 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ