ウンシュウミカン  ミカン科

ウンシュウミカン 生薬名:陳皮(チンピ) [ 局 ] 用途:漢方薬など

ミカンの代名詞ともいえるウンシュウミカンは、中国から持ち込まれた柑橘類からでた突然変異種とみられています。 いわば日本原産のミカンで、多くの栽培品種が作られています。種小名 unshiu となっていますが、ブランド名をウンシュウとしたのであって、実際は中国・温州との直接的なつながりはないとされます。 鹿児島県が発見地とみられるので、私見ですが、欧米の呼称 Satsuma の方が適切な名称だったかもしれません。

温暖な地域で栽培されており、初夏に芳香のある白い花を咲かせます。果実は、道具を使わずに手で皮をむけること、不稔性が強く、種がほとんどできないため食べやすいことでも人気があります。 冬の時期の果物として重要な位置を占めています。

薬用部分は果皮で、採取後1年以上経過したものを陳皮といいます。陳皮は、2〜3年以上保存されたものの方が、良いといわれる生薬です。 ウンシュウミカンの他に、マンダリン Citrus reticulata の果皮が使用されています。 薬効は、発汗、健胃などで、風邪や消化不良の漢方処方に配合されています。

家庭でも、粗く刻んだ果皮を陰干しにすると、浴剤として利用できます。 ただし、販売されているミカンの多くは、 果皮の乾燥を防ぐためにワックスがかけられています。利用にあたっては、ワックスのかけられていないものを選ぶ必要があります。

2006.01.New-2012.09Re
ウンシュウミカン Citrus unshiu  撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ