ミツマタ  ジンチョウゲ科 ミツマタ属

ミツマタ(三椏、三又、三股)は、中国南部からヒマラヤに分布する落葉低木です。 靱皮繊維※1が和紙の素材のひとつに使用され、採取量の限られるガンピ(雁皮)に対し、 コウゾ(楮)に次ぐ主原料として栽培されています。 しなやかで丈夫、また繊維が短いことで機械による抄紙※2ができたことでも用途を広げました。 明治以来、紙幣にも使用されていて、耐久性だけでなく、繊維の特殊性から偽造防止にも役立っているという見方もされてます。

※1 靱皮(じんぴ)繊維 : 植物の茎や幹の形成層の外側にある靱皮部分から採れる繊維のこと。
亜麻 Linum usitatisimum、苧麻(ちょま、カラムシ) Boehmeria nipononivea、黄麻(こうま、ジュート) Corchorus capsularis、 Cannabis sativa から採取する繊維もこれにあたる。 マニラ麻 Musa textilis、サイザル麻 Agabe sisalana などは、葉脈繊維と呼ばれて区別される。

※2 抄紙(しょうし) : 紙をすくこと。機械を利用する場合と、手すきに大別される。

ミツマタの葉は互生、葉身は長楕円形をしていて全縁です。樹高2mほどになり、枝を大きく横に拡げる傾向があります。 秋、枝の上部にある葉腋に、頭状花序のつぼみを下向きにつけます。花序は、はじめ苞に包まれ、小花は30〜50個、春、葉の展開前に苞は落ち、開花します。 花に花弁はなく、ガク筒の先端が4裂して肉厚の花弁状になります。ガク筒は湾曲し、外側は白い毛が密生し、裂開した先端(ガク筒の内側)は、淡い黄色をしています。 花がきれいなことから、観賞用としても栽培され、園芸種にはオレンジ色の花を付けるアカバナミツマタ(赤花三椏)もあります。
ミツマタ Edgeworthia chrysantha Lindl. アカバナミツマタ E.chrysantha cv.sanguinea
syn. E.papyrifera Sieb.et Zucc. / E.tomentosa(Thunb.)Nakai 撮影・東京都薬用植物園、他
栽培にあたっては、関東以西の温暖地が適当ですが、半日陰性であるため、強い日照や高い地中温度を嫌います。原料用ミツマタの栽培では、直射日光を避られるような山の北側斜面などで行われています。 なお、原料用の刈り取りは、葉の展開していない時期11〜4月頃に行います。

和名の由来は、分枝が三つ又になることから。属名 Edgeworthia は 人名由来。種小名 chrysantha は 黄色の花、園芸種名 sanguinea は 血紅色の、の意味です。 シノニム ※3の種小名 papyrifera は 紙のある、tomentosa フェルト化した(密に細綿毛のある)の意。英名 oriental paperbush

※3 シノニム synonym : 同意語、別名の意味。生物の分類では、別名を指す。異名ということもある。略 syn.
和名に対する地方名の別名とは異なり、学名はひとつしか認められない。分類についての見解の相違など、いくつかの条件下で発生することがある。

2014.03.07.New
このページのトップへ