ムクロジ (ムクロジ科)

ムクロジ 無患子 は、本州中部以西の温暖な地域の山野に分布する落葉高木です。 葉は長さ40〜60cm前後の大型の偶数羽状複葉で互生、小葉は長さ7〜15cmの狭長楕円形です。 本来は暖地から亜熱帯の樹木ですが、関東地方でも植栽され、秋が深まると、葉は黄色く紅葉します。

6月から7月初め、枝先に多数の小花を円錐花序に咲かせます。小花は径4〜5mmで黄緑色、花弁およびガク片は4〜5個あります。 小花の多くは雄しべが10本程度ある雄花で、同じ花序に少数の雌花が混在します。 雌花の子房は 3心皮からなり、普通、実際に結実するのは 1個だけで、結実できなかったものは痕跡として果実の上に蓋状になって残ります。

秋、葉が紅葉する頃から、あめ色に熟した果実が、少量ずつ時間をかけて落ち続けます。果実は直径2cmほどあり、半透明の果皮の中には直径約1cmの黒い種子が1個入っています。 種子は非常に硬く、磨いて数珠に加工したり、追羽根の羽根の材料にされます。
果皮にはサポニンが含まれ、昔はこの果皮を集めて洗剤として利用しました。この天然の界面活性剤は、石鹸のような洗浄力はないものの、簡単な泥汚れ程度であれば落とすことができます。

サポニン成分は、去痰に利用されることが度々ありますが、ムクロジの果皮も、生薬名を延命皮(えんめいひ)といい、 強壮、去痰薬として用いられたことがあります。 しかし、ムクロジのサポニン成分は、胃腸障害をおこすなど有毒であることがわかったため、現在では使われていないと思われます。


ムクロジ 撮影:東京都薬用植物園
Sapindus mukurossi Gaertn.
ムクロジの漢名は、木欒子・木患子・無患子とあり、和名の由来は、漢名の音読みが訛ったものとされています。 漢名は、同時にモクゲンジ(ムクロジ科)を指すこともありました。このことから、木欒子・木患子が、モクカンシからモクゲンジに、無患子がムカンシからムクロジになったという見方があります。
属名の Sapindus は界面活性作用があることから、sapo + indicus インドの石鹸 の意味。種小名の mukurossi は、和名のムクロジの音から。

2014.11.25.New
果実 種子 水に果皮を入れ撹拌した状態
このページのトップへ