ニガキ / クアッシア ( ニガキ科
ニガキ 生薬名:ニガキ(苦木) 用途:製造原料など
ニガキは、日本に自生する雌雄異株の落葉高木。葉は、奇数羽状複葉で、互生し、小葉は長楕円形、葉縁には鋸歯があり、先は尖ります。 4〜5月頃、散形花序に2〜3mm程度の小さな花をたくさんつけます。。花弁は黄緑色で5枚。
属名の Picrasma は、「苦い、酸っぱい」の意味。ニガキという名前の通り、残留性の苦みがあります。 quassioides は、クアッシア(quassia)+のような(oides)の意味。
樹皮をはがした淡黄色の木部を生薬とします。苦味の成分クアッシン(カッシン)quassin を含み、苦味健胃薬の他に、殺虫剤としても利用されます。
ニガキ Picrasma quassioides 撮影・明治薬科大学薬用植物園、他
クアッシア 用途:製造原料など
クアッシアは、南アメリカ原産の常緑低木です。葉は、奇数羽状複葉で互生、つやがあり、葉軸にはヌルデの葉を想わせる翼があります。 花は、赤い筒状花の穂状花序。花冠は開平せず、雄しべ、雌しべが花筒から伸びだします。Quassia は、人名から。amara は、苦いの意味。
ニガキ同様、クアッシンを含み、苦味があり、解熱や健胃、殺虫剤に利用されました。英名 Bitter wood

2013.07.New
クアッシア Quassia amara 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ