ヌルデ  ウルシ科

ヌルデ 生薬名:五倍子(ゴバイシ) 用途:製造原料

ヌルデは、日本の山野によく見ることができる落葉小高木です。 アカメガシワなどと並ぶパイオニア植物※1のひとつで、林縁部に多い典型的な陽樹です。 名前は、幹を傷つけてでてくる樹液を塗料としたことに由来するとされます。
雌雄異株で、花期は8〜9月。枝先に黄白色の小花の円錐花序をつけます。 葉は、奇数羽状複葉で互生し、葉軸に翼をつけるという特徴があります。
果実は扁平な球形で、5mm程度。熟すと果実表面には塩辛い白い分泌物がつきます。

ヌルデシロアブラムシが、葉軸などに寄生すると、袋状の不定型な虫こぶ※2をつくります。 この虫こぶを乾燥したものが五倍子で、多量のタンニンを含有しています。
五倍子から抽出精製されるタンニン酸 [ 局 ] は、収斂の作用があり、止瀉や止血、鎮咳、うがい薬などに利用されています。また、皮なめしや、染料として青インクの原料にも使われます。


ヌルデの虫こぶ 中にはアブラムシがびっしりと並んでいる
※1 パイオニア植物(先駆植物)とは、伐採や倒木などで環境に変化があったとき、他の植物に先駆けて出現する植物のこと。 生長は早いが、後から大きな樹木が育ち、陽が当たらなくなると枯れてしまう。ヌルデの種子は、林床にあって20年以上の寿命があるといわれ、樹木が倒れるなどしてできる陽当たりの良い環境が訪れるのを待って発芽する。
※2 虫(むし)こぶは、産卵されたことにより、組織が異常に膨らんでできるこぶ状の突起のことで、「虫(ちゅう)えい」・・えいは嬰に病だれ・・ ともいう。 虫こぶの中は中空になっていて、内壁には羽化を待つヌルデシロアブラムシが沢山ついている。

2006.11.New-2012.08.Re
ヌルデ Rhus javanica L. 撮影・東京都薬用植物園、他
このページのトップへ