サンショウ / カホクザンショウ ミカン科サンショウ属
イヌザンショウ / フユザンショウ
サンショウ属の学名 Zanthoxylum は、黄色い木を意味し、これは、サンショウ属のいくつかが、その根を黄色い染料としたためといわれています。 属の傾向としては、花は小さく、葉は奇数羽状複葉で互生し、互生または対生の刺があります。辛味など刺激性があり、独特の芳香をもつものも多くあります。
なお、サンショウ(山椒)の「椒」の字は、辛いものを指します。叔(小さい実という意味)のなる木を指したともいわれます。
サンショウ 生薬名:サンショウ [ 局 ] 用途:漢方薬・食品
サンショウ(山椒)は、日本と朝鮮半島南部に自生する落葉低木です。葉は、奇数羽状複葉で互生、葉腋に対生のトゲをもっています。 芳香があり、若葉は、木の芽と呼ばれて料理に添えられます。すりこぎの棒に利用されたり、アゲハチョウ科の幼虫の食草としても知られています。

サンショウ(山椒)は、雌雄異株で、雌株は秋に小さな丸い実をつけます。薬用には、種子をできるだけ取り除いた成熟した実の皮(果皮)を使用します。 精油成分のシトロネラール citronellal や、麻痺性辛味成分のサンショオール sanshool などを含み、漢方では、芳香性健胃薬として、また駆虫を目的とした処方に用いられています。 また、食欲増進薬の苦味チンキ [ 局 ]の原料にされています。
種子は、椒目(しょうもく)といい、民間薬として利尿に使われました。

アサクラザンショウ Zanthoxylum piperitum DC. f.inerme Makino は、サンショウのトゲのない品種で、サンショウと同様の利用をされています。

 苦味(クミ)チンキは、食欲増進薬で、名前の通り苦い。トウヒ(ダイダイ)、センブリと3種が配合されている。 普通、単独での使用はないが、アルコールとの併用は禁止。
サンショウ Zanthoxylum piperitum DC. 撮影・東京都薬用植物園、他

カホクザンショウ 生薬名:カショウ(花椒) 用途:漢方薬・食品

カホクザンショウ(華北山椒)は、中国産のサンショウで、実が熟すと赤い果皮が花のようにみえることから花椒と呼ばれています。 小葉は、サンショウよりもやや丸みを帯び、鋸歯は小葉の先半分にあり、元の半分では目立たないという特徴があります。葉軸に、狭い翼がつきます。雌雄異株。

果皮を花椒(ホアジャオ)といい、辛いので有名な四川料理に欠くことのできない香辛料として利用されています。
漢方では、花椒または蜀椒(ショクショウ)の名前で、サンショウと同じように利用されます。
カホクザンショウ Zanthoxylum bungeanum Maxim.

イヌザンショウ(犬山椒) 生薬名:セイショウ(青椒) 用途:民間薬

イヌザンショウには、サンショウの芳香がなく、トゲが互生であることで区別ができます。 日本、東アジアの山野に分布し、小葉は、サンショウよりも細かな鋸歯があり、長楕円形〜広披針形をしています。奇数羽状複葉で互生し、葉軸に、狭い翼がつきます。雌雄異株。
民間薬として、果実をセイショウ(青椒)といい、咳止めなどに使用していました。
サンショウの刺(左) / イヌザンショウ Zanthoxylum schinifolium Sieb.et Zucc.(中央・右)

フユザンショウ(冬山椒) フユザンショウ
Zanthoxylum armatum var.subtrifoliatum
フユザンショウは、暖地の産地に自生しますが、芳香が少なくも辛味成分もないため利用されていません。 トゲは対生で、基部が盛り上がるような形で生長を続けます。葉軸には翼があり、表面は艶があります。

この木の特徴は、冬場の葉痕。まるで、帽子をかぶって、両手を拡げて微笑んでいるかのような形をしています。

2003.10.New-2012.08.Re
このページのトップへ