ワタ  アオイ科
ワタ  脱脂綿  衛生材料
熱帯地域原産のワタ属は、種子の表面に長い繊維をつけます。 紡績の原材料であることはいうまでもありませんが、ワタ(の繊維)は衣服だけでなく、薬用植物としての利用もされています。 医療用材料としての脱脂綿は、綿毛を脱脂し漂白したものです。
繊維を採取した後の種子からは、油(綿実油)をとることができ、食用にされています。 変わったところでは、ドライフラワーのように乾燥させ、 「ワタのなる木」と称して園芸店に並ぶこともあります。
春に播種すると、5〜6ケ月で、収穫できます。開花までは適度な水量を要求されますが、開花後には、乾燥が必要になります。葉は、3〜5裂し、花は、一日花で、午後にはしぼみ始めます。

アメリカ地域原産の系統 リクチメン(陸地綿)は、世界で最も多く栽培されている品種です。花は淡いクリーム色。 カイトウメン(海島綿)は、50mm程度と繊維が長く、高級な衣料品に使用されています。 アジア地域原産の系統品種 ナンキンワタは、繊維の色が褐色であるため「茶綿」ともいわれています。

※1栽培されているワタは、1年生の草本が多く、ワタのなる木=木本かどうかは不明です。

2012.8.Re
リクチメン Gossypium hirsutum  /  カイトウメン Gossypium barbadense
ナンキンワタ Gossypium nanking 花(左)と実(中央) / リクチメンの実(右)

撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ