ジンチョウゲ / コショウノキ ジンチョウゲ科
オニシバリ / ナニワズ / フジモドキ ジンチョウゲ属
ジンチョウゲ科は、国内の自生種が少ないグループで、科名を代表するジンチョウゲも中国からの移入種です。 一般的に樹皮の繊維が強く、別属のミツマタのように、紙すきに利用されるものもあります。 雌雄異株、果実等に有毒である部位が多いのも特徴です。薬用としては、花を利用した例がありますが、作用が激しいためか、あまり使用はされていないようです。
ジンチョウゲ(沈丁花)は、中国南部が原産とされる高さ1m程度の常緑低木です。 庭木としてよく利用され、室町時代には「沈丁花」の記録がありますが、日本への渡来時期は不明です。また、広く植栽されているため、原産地が不詳で、自然な分布域も分かっていません。
葉は、互生、茎頂付近では、ほとんど放射状につきます。葉身は長楕円形から細い倒卵形をしていて全縁、質は厚く、革質で光沢があります。 2月末から3月にかけて、枝の先に小花10〜20個程度の散形花序をつけます。花に花弁はなく、筒状のガクの先端部分が4裂して広がり、肉厚の花弁状になります。 ガク筒は無毛で、外側は濃紅色から紅紫色、内側は白色から淡紅色をしています。園芸品種では、ガクが白色や淡い紅色のもの、葉に斑の入る品種もあります。

花には強い芳香があり、沈丁花の名前もその芳香に由来します。 すなわち、沈香( じんこう ) ※1と丁子( チョウジ ) の香りをあわせ持つ花としてつけられたとされます(他説あり※2)。属名 Daphne は、ギリシャ神話の女神 ダフネ ※3(ダプネーとも)から。 種小名 odora は、芳香のある、香りの良いの意味です。チンチョウゲと呼ばれることも。

ジンチョウゲは雌雄異株で、果実(有毒です)はやや楕円体をしていて赤熟します。 しかし、キンモクセイと同様に、国内の個体は、ほとんどが雄株とみられ、結実はごく稀です。 ジンチョウゲは、種子繁殖によらず、挿し木 ※4で増殖できたことにより、雌株導入の必要性がなかったためと思われます。
なお、雄株と雌株の花は、よく似ています。雌雄の花では、大きさが違うとされますが、個体差もあって、外見だけから判別することは困難です。
※1 沈香 : ジンチョウゲ科ジンコウ属のジンコウ Aquilaria agallocha Roxb. などから採取する香木のひとつで、東洋では最も珍重される。 元来は土中に埋もれた材部の樹脂の多い部分が残ったもので、熱すると芳香を放つ。樹脂により比重が増して、水に沈むくらい重いことから、沈水香木⇒沈香といわれた。 薬効成分の詳細は不明であるが、薬用の利用もあり、精神を落ち着かせるとされる。

※2 他説 : 花(つぼみ)の形がチョウジに似ているからとするものもある。

※3 ダフネ Daphne : アポローンの求愛から逃れるため、月桂樹に姿を変えたという神話から、ダフネは、月桂樹のギリシャ名になっている。 葉が、月桂樹に似ているとして、学名に使用されたもの。

※4 挿し木 : 新しい枝を梅雨の時期に挿すとよい。移植は好まないので、小株は問題ないが、大株については注意が必要。 また、突然に枯れるという傾向もある。
ジンチョウゲ(沈丁花) Daphne odora Thunb. 撮影・東京都
コショウノキ〈 胡椒の木 〉は、暖地のやや湿り気のある林床に自生する常緑小低木で、一見はジンチョウゲに似ています。 雌雄異株で、樹高は、1m程度まで。葉の質はジンチョウゲほど厚くなく柔らかく、葉身は長楕円形で全縁、表面は光沢があります。 花期は、2〜4月、枝先に数個から10個の芳香がある小花の散形花序をつけます。花に花弁はなく、ガク筒の外面には短い細毛がみられます。 白花のジンチョウゲと混同されていたこともあります。別名 ヤマジンチョウ。
果実は、6〜7月頃に赤熟します。名前の由来は、果実が胡椒のように辛いことから(有毒です)。種小名 kiusiana は、九州の。 香辛料のコショウ(ペッパー)は、コショウ科の全く別の植物の果実です。
コショウノキ Daphne kiusiana Miq.  撮影・東京都薬用植物園
オニシバリ〈 鬼縛り 〉は、樹皮が強いことから、鬼も縛ることができるとしての和名です。 葉は長倒披針形で秋から展開し、翌夏に落葉します。 その様子から、ナツボウズ( 夏坊主 )の別名。2月末〜3月に、芳香のある黄緑色の花をつけ、果実は夏に赤熟します。雌雄異株。 種小名 pseudoは、偽の。果実に強い毒性を持つセイヨウオニシバリ D.mezereum の学名から。
オニシバリ Daphne pseudo-mezereum A.Gray 撮影・東京都薬用植物園
オニシバリの亜種 ナニワズ 〈 難波津 〉は、東北や北海道の冷涼な地域に産します。 樹皮の繊維は強く、樹高はオニシバリよりも小さく60cmほど、花は黄色で、芳香があります。やはり夏に果実が赤熟し、落葉します。そのため母種と同じナツボウズの別名もあります。 その他の別名 蝦夷難波津 蝦夷鬼縛り
亜種名 jezoensis は、蝦夷の(北海道の)を意味します。

ナニワズ の名前は、信州でオニシバリを指す地方名を、同地区の人々が北海道に持ち込んだとする説がありますが、詳細は不明です。 また、よく知られている難波津の歌 ※5を由来とする説もあります。

※5 難波津の歌 : 難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花 ( 王仁作と伝えられる )
早春の北国で、ナニワズの黄色い花を見たとき「冬ごもり」からの解放感を難波津の歌に重ねたという見方。命名由来としては、やや情緒的な見解であるが、興味深い。
ナニワズ Daphne pseudo-mezereum A.Gray subsp.jezoensis Hamaya 撮影・箱根湿生花園
フジモドキ〈 藤擬き 〉は、樹高1mほどの落葉低木で、渡来は江戸時代初めとされています。 春、葉の展開に先立ち、枝先に紫色の小花を数個ずつつけます。花や根は、漢方薬で利尿などに利用されました。有毒ですが、花が美しいため、各地で観賞用に栽培されています。
種小名 genkwa 芫花(中国名・ユワンホワ)の日本での読みから。和名のフジモドキ〈 藤擬き 〉は、形態は全く藤に似ていないことから、花の色からつけられたと思われます。

2014.03.01New
フジモドキ Daphne genkwa Sieb.et Zucc. 撮影・明治薬科大学薬用植物園
このページのトップへ