俗称 エアープランツ (アナナス科)

アナナス科※1 チランジア(ティランドシア)Tillandsia 属には、エアープランツ air plants と呼ばれる、少々変わったグループがあります。中南米原産、異なった自生環境に適応した種が350以上あるとされています。 エアープランツの仲間は、葉に毛状の鱗片があり、これによって雨水などから水分や養分を吸収します。根は水分などを吸収するという機能が必要なくなり、他のものに着生することが役割になっています。 なかには、着生すら不要として、根が退化してしまった種もあります。

栽培にあたって、日本では自生地と環境が異なるため、一定の管理が要求されます。まず、用土は使わないので、ヘゴ材などに着生させます。 水分は週に2回の霧吹きと、月に2回程度のソーキング※2で供給します。肥料は、とりあえずはなくても良いのですが、春と秋に薄い液肥※3につけて与えます。 夏は、風通しが良い所に置き、多湿にならないようにします。冬は寒さから守り、乾燥対策を施さないと水分不足で株が弱り、枯れることもあります。

※1 アナナス科 : Bromeliaceae パイナップル科、学名からブロメリア科ともいう。パイナップルはアナナス Ananas 属。
※2 ソーキング : 常温の水に数時間つけること。植栽方法によっては、行わないこともある。
※3 液肥 : 例)ハイポネックス1000倍程度に薄めたもの。春と秋としたが、毎月〜年数回の方が推奨されている。 なお、当サイトは、栽培を目的としていないため、実際の栽培管理については、専用のサイトを参考にしてください。

手間はかからないとされますが、それぞれの種が好む生育環境に合わせた管理をしなければならないため、簡単にできるとはいえないようです。 状態が良ければ、2〜3年で花が咲きます。普通、開花と並行して、子株ができるという栄養繁殖も行われます。一般的には、開花後の株は徐々に弱り、多くは枯れてしまいます。
カプト・メドゥーサエ / ブッツィー / イオナンタ

カプト・メドゥーサエは、株元がつぼ型にふくらむタイプの代表的な種です。 短い毛に被われた灰緑色の葉は、しっかりとして硬く、くねりながら伸び、先端は細くなります。普通、園芸店では1年程度で花が咲くサイズを販売しているようです。花は淡い紫色で、花弁3枚で筒状になります。
属名の Tillandsia は人名由来、種小名 caput-medusae は、メドゥーサの頭(メデューサ、ギリシャ神話にでてくる髪が毒蛇という女の怪物)の意味。

ブッツィーは、株元がつぼ型でエアープランツには珍しく葉に模様があります。濃緑色の葉は、細く長く伸び、反り返ります。 標高が高いところに自生するため、夏場の高温期に株が弱る傾向があります。また、水分を好むため、霧吹きでは間に合わず、ミズクサで植える方法が良いとされます。
種小名 butzii は、人名由来か。
カプト・メドゥーサエ
Tillandsia caput-medusae
ブッツィー
Tillandsia butzii

イオナンタは、銀緑色の細長い葉を多数つけます。エアープランツは、地味な花が多く、本種の花もきれいな紫色をしていますが、やはり印象は同様です。 ただ、イオナンタは、開花時に葉を赤く変色させるという特徴があります。本種の仲間は、丈夫で乾燥に強く、また品種も多いため、店頭では最もよく見かけるグループです。
種小名 ionantha は、スミレ色の花(を持った)の意味。
イオナンタ Tillandsia ionantha 撮影:つくば実験植物園

チランジア・ウスネオイデス
和名 サルオガセモドキ

チランジア・ウスネオイデスサルオガセモドキ)は、中南米の標高3000m付近に自生します。 根が退化しているため、着生ではなく、枝に掛けられたようにぶら下がった恰好で成長します。丁度、絡み合った、毛糸の束のようにも見えます。 茎は細く、灰色の毛状鱗片におおわれて銀緑色、葉は茎と同様の太さで、外見も似ています。花は黄緑色で、目立たない数ミリ程度の大きさです。

種小名の usneoides は、地衣類※4のサルオガセ属 Usnea に似ているとして、usnea + oides サルオガセ属の様な の意味。 和名 サルオガセモドキは、学名の直訳とみられます。
別名、スパニッシュ・モス spanish moss

※4 地衣類 : 菌類と藻類の共生生物で、植物ではなく、カビやキノコの仲間に分類される。 地衣類としての特定の分類群はない。大気汚染に弱く、都市近郊ではみられないものが多い。

2005.08.-2014.11.23.Re
栽培方法を書き換え、イオナンタ追加




チランジア・ウスネオイデスサルオガセモドキ
Tillandsia usneoides 撮影:つくば実験植物園 
このページのトップへ