2−1 バナナ バショウ科バショウ属 2−2バショウ
日本では果実を食用とするものはバナナ、それ以外はバショウと用途により呼び分けていますが、分類上は、どちらもバショウ科バショウ属 Musa spp. に含まれます。 長楕円形の大きな葉があり、中央脈から左右に平行脈がのびるというショウガ目の特徴を備えています。 太い茎に見えるのは偽茎で、葉鞘が重なったもの。本当の茎は地下茎になっています。バショウ属の多くは高さ3〜5メートルになる大型の草本です。
花は偽茎の中心を通り、偽茎頂から伸び出る果軸につきます。果軸の基部には雌花がつき、雌花開花後に先端部分に雄花がつきます。 果軸基部の雌花の子房は、大きく肥大しますが、一定の場所から肥大は不良となり、先端の雄花部については、肥大せずに落花してしまいます。 両性花とする見方は、子房の肥大に連続性があるためと思われますが、能力的には分化しているとも見られます。 花がつくのは、ひとつの偽茎について1回だけで、結実後はその偽茎は枯れてしまいます。
生食用のバナナは、東南アジア原産の ムサ・アクミナタ Musa acuminata と ムサ・バルビシアナ Musa balbisiana の2種の系統であることが分っています。 この系統の種なしバナナには、400品種があるともいわれています。
生食用バナナ

日本では生食用のバナナが一般的ですが、加熱調理して食べるものや、地下茎のデンプンを利用するものなどもあります。 果実を食用とするバナナの生産量としては、生食用が3/4、料理用が1/4の構成になっています。

ゴシャク(五尺)バナナは、偽茎の高さ2〜2.5メートルになります。 苞葉は、初め細長く、3〜4枚目からは、暗紫色の大きな花弁のように色・形とも変わります。 それぞれの苞葉の下には、10〜20個の花があり、下垂する果軸の基部付近には雌花の房(果房)が、次々とつき果房は数段続きます。
日本に多く出回っているバナナは、種子のできない三倍体 ※1で、減数分裂が正常に起きないため、不稔 ※2になり、本来であれば実らないことになります。 ところが、バナナは、受粉の必要がない単為結果性であるため、果実(果指)となる雌花の子房は、開花後から受粉と関係なく肥大を始めます。 ゴシャクバナナの果指も肥大をし、果軸の基部に向かって反り返ります。

※1 三倍体 : 自然にできたものでは、種なしバナナやヒガンバナがある。 種なしスイカは、人為的に作り出された三倍体。普通、三倍体の方が大きく育つ。
※2 不稔 : 種子ができないこと、また出来ても正常に成長しない種子になること。

果軸が伸び、雌花の開花が終わると、先端部分で苞葉に包まれていた雄花が開花します。 しかし、先述のとおり、バナナの収穫に雄花は必要ないため、一定の時期に収穫時につかめる程度の長さを残して、雄花は切り落とされます。 養分を果指の充実に回すという目的や、雄花につく病害虫を防ぐといった意味合いで行われます。切り落とした雄花(蕾)は、東南アジアでは、野菜として利用されます。
日本では、害虫の侵入を防止するため、植物防疫法により、熟したバナナは輸入できないことになっています。 そのため青い(緑色)の段階で収穫して、日本についてから加工業者によって追熟させるという方法が採られています。
ゴシャク(五尺)バナナ Musa sapientum 東京都薬用植物園
サンジャクバナナ Musa cavendishii Lamb.または Musa acuminata c.v.Dwarf cavendish は、生食用バナナからの突然変異種です。 中国南部原産の矮小性品種で、偽茎の高さは、三尺より少し高い1メートル程度。葉を入れても、1.5メートルほどで、果実も小型です。


バナナは、花のついた偽茎のそばに吸芽(きゅうが)と呼ばれる新芽をつけます。種子のできないバナナでは、吸芽を株分けすることで栽培繁殖を行います。
この手法には、遺伝子多様性が少ないため、ひとつの病害で品種全体に被害が及ぶという問題点があります。 実際、20世紀半ばまで栽培の主力になっていたグロスミッチェル ( Gros Michel ) 種は、パナマ病によって大きな打撃を受け、現在は代替のキャベンディッシュ種が生産の主力品種になっています。 しかし、近年、同種にも感染するパナマ病が見つかったというニュースがありました。代替品種の開発など対応が急がれます。
サンジャク(三尺)バナナ 東京都薬用植物園、他
Musa acuminata cv Dwarf cavendish
ゴシャクバナナの雌花 キングバナナ Musa minor の雄花と吸芽 つくば実験植物園
リョウリ(料理)バナナ

料理用バナナは、硬いためナイフで皮を剥き、加熱調理してから食べるバナナで、デザートではなく主食です。 生食用よりデンプンが多く、アフリカのウガンダのように、摂取カロリーの半分をバナナに依存する地域では、重要な食料となっています。 味は甘みのない芋に似ているとか・・・。
種小名 paradisiaca は楽園の意味。
同種は、種子の痕跡はありますが、本来の種にはならないようです。

2013.3.31.New
リョウリバナナ Musa x paradisiaca L. 夢の島熱帯植物園
このページのトップへ