2−2 バショウ バショウ科バショウ属 2−1バナナ
バショウ 芭蕉 の仲間
「奥の細道」で知られる俳人・松尾芭蕉の俳号「芭蕉」は、門人から贈られたバショウ 芭蕉 Musa basjoo からつけられました。 中国原産とされ、分布は熱帯が中心ですが、バショウ属のなかでは耐寒性があることから、関東地方でも観賞用に栽培されていました。 冬季は地上部は枯れますが、翌春に地下茎から新芽がでて、8〜11月ごろまで花をつけています。草丈は、2〜3m、大きな楕円形の葉をつけることは、バナナと同様です。 果実には種があり、特に北限近く地域では、完熟できないため食用には不向きとされます。
バショウ 芭蕉 Musa basjoo 青梅市、他
生食用の種子なしバナナのほとんどの品種は、 東南アジア原産の ムサ・アクミナタ Musa acuminata と ムサ・バルビシアナ Musa balbisiana の2種の系統であることが分ったのは、第二次大戦後のことです。
トラフバショウは、ムサ・アクミナタに比較的近いといわれる観賞用の品種です。 若い葉に、虎のような模様の斑、「虎斑」が入ることからつけられた名前です。
トラフバショウ Musa sapientum 撮影・つくば実験植物園

生食用バナナのもうひとつの祖先は、東南アジア原産の ムサ・バルビシアナ Musa balbisiana です。沖縄にあるイトバショウ は、M.balbisiana そのものと見られています。 学名 Musa liukiuensis をイトバショウとしているものもあります。両者の関係が不明であるため、2種の画像を並べておきます。
イトバショウ( 別名 リュウキュウバショウ、リュウキュウイトバショウ )の草丈は4〜5mになり、花は、他のバショウと比べやや明るい色合いをしています。 果実は種が多くて美味しいとはいえず、国内での利用は不明ですが、花序や偽茎の中心部が野菜になるとされます。 [ この項、書き直しました。2014.04.22. ]

沖縄では偽茎から繊維を採るために栽培されています。この繊維で作られた織物は、バショウフ ( 芭蕉布 ) と呼ばれ、高い評価を得ています。 栽培から、繊維を採取し糸にするまで、全く機械化が出来ないため、希少で高価な織物となっています。
芭蕉布についての詳細は、こちらへ →  大宜味村 喜如嘉の伝統工芸・芭蕉布の里 

Musa liukiuensis 撮影・つくば実験植物園

Musa balbisiana  撮影・沖縄海洋博記念公園
M.balbisiana とみられるイトバショウの畑 撮影・沖縄県大宜味村喜如嘉

マニラアサ Musa textilis は、偽茎から丈夫な繊維が取れるため、繊維の代名詞のアサの名前をつけ足されて呼ばれました。 マニラの名前は原産地フィリピンの最大の都市(現在の首都、2013年)に由来します。種小名 textilis は、「編んだ、織物に用いる」の意味です。

偽茎(葉鞘)から採取する繊維は、強く軽く耐久性があることで知られています。 繊維の採取方法は、イトバショウ同様に地上部を切り倒し、重なりあった葉鞘を引き剥がし、肉質部分を取り外すことで行います。繊維は水にも強くロープや、高級な紙などに利用されています。
別名 マニライトバショウ


マニラアサ 撮影・つくば実験植物園
Musa textilis Nee

2013.04.20.-2014.04.22.Re
このページのトップへ