ビンロウ ヤシ科

ビンロウ 檳榔子 (ビンロウジ) [ 局 ] 漢方・製造原料

ビンロウ(または、ビンロウジュ)は、熱帯アジア地域では、広く栽培されている樹高20mになるヤシ科の高木です。
枝別れしない真っ直ぐな幹の先端近くに、ゆがんだ卵形の実をつけます。未熟なうちは緑色、熟すと赤色になります。 それぞれの実には種子が1個づつ入っていて、種子の断面は、大理石のような模様になっています。

熱帯アジア地域では、未熟な種子(ベテル・ナット)を、石灰、キンマの葉と共に噛む風習があります。 ベテル・チューイングといわれる習慣で、ごく軽い覚醒作用と清涼感があります。 儀式の一環として行う場合もありますが、嗜好品としての扱いが多く、常用すると唾液が真っ赤になります。 成分の発がん性も指摘されていて、口腔内の発ガン率が高くなるとされています。
ビンロウ Areca catechu L.
撮影:夢の島熱帯植物園、つくば実験植物園、咲くやこの花館
ビンロウの種子、檳榔子(ビンロウジ)には、アレコリン arecoline などのアルカロイドが含まれています。
漢方では、駆虫や殺菌の目的で用いられてきました。また、アレコリンには、眼圧を下げる作用があるところから、緑内症の治療に利用されています。


キンマ(コショウ科) Piper betle L.

撮影:東京都薬用植物園 2009.03.
キンマは、蔓性の常緑多年草で、つやのある葉をつけます。 ベテル・チューイングで、ビンロウジと一緒にかむことで知られています。

東南アジアでは、葉を薬用に利用しています。 地域によって用途が多少異なりますが、健胃、去痰、殺菌剤などに、また、頭痛、関節の痛みや歯痛を和らげるのに用います。
実はコショウの代用にされるとのこと。
詳細は不明です。

2012.09.25.Re
このページのトップへ