ガジュツ  ショウガ科

ガジュツ 生薬名: 莪朮(ガジュツ) [ 局 ] 用途:製薬原料

ウコンの近縁種であるガジュツは、根茎の色からムラサキウコン※1、 また夏に花が咲くことで夏ウコンともいわれます。薬用部位の根茎(右画像)には苦味があって、消化液の分泌促進に効果があり、芳香健胃薬として胃腸薬などに配合 ※2されています。

ガジュツは、熱帯アジアに分布していて、草丈は1メートル程度、葉は大きく長く葉身50cm程度になります。 葉の上部の主脈付近が暗紫色になるので、外見の似ている ウコンやキョウオウと区別※3ができます。
花穂は、黄緑色の苞葉が積み重なった形をしていて、上部の苞葉のみ白く先端が赤くなるので、これが花弁のように見えます。 実際の花は、黄緑色の苞葉のなかにある黄色の部分です。春にキョウオウ、夏にガジュツ、秋にウコンの順に少しずつ苞葉の配色が異なった花を咲かせます。

※1  根の断面の色は、青味がかったものや白いものがあり、シロウコンとする記述もあります。白ウコンの別名は、ハナショウガ Zingiber zerumbet にもあります。
※2  当サイトでは、製薬原料としての生薬を除き、用途を漢方薬や民間薬として記載しています。ガジュツは、配合される漢方処方が不明のため、製薬原料としました。
※3 主脈付近の暗紫色は、クスリウコン Curcuma xanthorrhiza Roxb. にも入っています。

2002.07.New-2012.08.Re
ガジュツ Curcuma zedoaria Roscoe 撮影地・東京都薬用植物園

このページのトップへ