ハマスゲ  カヤツリグサ科 カヤツリグサ属

ハマスゲ 生薬名:コウブシ ( 香附子 )[ 局 ] 用途:漢方薬

ハマスゲは、海浜などに生えるとして「ハマ」と付いていますが、道端や、畑地にも生えます。 また、和名にスゲとありますが、スゲ属ではなくカヤツリグサ属に分類される多年草です。切れた根からも発芽するため、根絶の難しい強害草として知られます。
日当たりの良い場所を選んで生え、葉は、細長く叢生します。地下茎は横に伸び、先に塊茎を作り増えます。 花期は、夏から秋にかけて。3稜のある花茎を立ち上げ、茎頂に1〜3枚の針形の苞葉をつけます。苞葉の際から数本の枝を伸ばし、先端近くにまとめて小穂をつけます。 小穂は、長さ1.5〜3cm程度。赤褐色で鱗片につつまれ、雄しべや雌しべ(柱頭は3本)は鱗片の隙間から伸びでます。左画像の白い糸状の部分が柱頭です。
ハマスゲ Cyperus rotundus

撮影地・東京都薬用植物園
薬用にするのは地下の塊茎部分です。全草、特に塊茎に香りがあって、外見が トリカブトの根茎ブシ(附子)に似ているとして香附子(コウブシ)の名前で呼ばれます。 胃痛、腹痛などの鎮痛、食欲不振の改善を目的に漢方に処方されています。芳香性健胃薬。

2013.06.New

このページのトップへ↑