ジュズダマ / ハトムギ イネ科
ジュズダマの名前は仏事で使う数珠玉からきています。 硬い果実(偽果)は、壊れにくく、中心には、花軸が通る穴が開いていて、糸を通すことができます。 過去には数珠として使用されたこともあるようですが、現在では、ネックレスやブレスレットのようにして遊ぶことができる※1 ため、子供たちに、特に小さな女の子には人気があります。

※1 画像@は、低学年女児の作ったジュズダマのアクセサリー。2年前作。

ジュズダマは、水辺を好む多年草で、1〜2mになる大型の草本です。熱帯アジア原産で、日本には古い時代に移入されたと見られています。 葉は、細長い被針形(幅の広い線形)で、先端は尖ります。
ジュズダマ属の特徴は、雄花と雌花があること。果実の形をしているのは鞘状の苞葉で、雌花はその中にあり、苞葉鞘先端の開口部から白い糸状の柱頭[ 画像A ] を伸ばします。 雌花は、結実する1つの他に、退化して結実しないものが2つあり、後日、花軸の穴に残る2本のひも状のものになります。
雄花は、苞葉鞘の中を抜けて伸びだす花軸の先端に房状につきます。開花時には、黄色い葯が垂れ下がります。


ハトムギはジュズダマの変種で、鳩が好むことから近代になって付けられた名前※2です。 以前は、一反歩(約10アール)から4石※3採れるとして四石麦(しこくむぎ)と呼ばれていました。 過去に食用とした地域もありますが、現在では、主食代わりはなく、食用としては健康茶などで利用されています。
ジュズダマとハトムギを比較すると、ハトムギは、一年草であること、草の丈はジュズダマよりやや低く、種皮は爪で割れる程度に柔らかく、果実の形は細くなるという違いがあります。 また硬くなった苞葉鞘の模様も、ジュズダマは線の幅が太く、まだら模様になる部分もあるのに対し、ハトムギは細い筋が入ります。 それ以外は、両者はよく似ていますが、ハトムギは栽培品種で野生化していない※4ことから、 フィールドにあるのはジュズダマとみることができます。

※2 他に、八斗採れるからという八斗麦(はっとむぎ)説もあります。一石=十斗。※3参照
※3 明治になってからの単位は、1石=180リットル。時代により、石(こく)の量は異なる。また中国では、1石=100リットル。
※4 自然に交雑することもあるとされています。
ジュズダマ(左)Coix lacryma-jobi L. と ハトムギ Coix lacryma-jobi L.var.ma-yuen Stapf.

撮影・東京都薬用植物園2006.08.-2009.08.

ハトムギ 生薬名:ハトムギ[局外]/ヨクイニン()[局] 用途: 漢方薬など
ハトムギの種皮を取り除いた部分(仁)を、生薬名 ヨクイニンといい、利尿作用があるので浮腫や脚気に使用されます。 また、滋養・強壮、一部のイボ取りや肌の荒れにも効ありとされています。 殻のついたハトムギも同様の利用をされます。 他にヨクイニンオイルとして化粧品に使われることもあります。
ただし、子宮収縮作用があるので、妊婦が経口摂取をしてはいけません。

ジュズダマ ハトムギ   ハトムギを食べる鳩 ヨクイニン

ジュズダマ 生薬名:川穀/川穀根(せんこくこん) 用途: 民間薬など
ジュズダマの種子は川穀 として、ヨクイニンの代用として使われることがありました。また、根は、川穀根として、煎じて飲用し、肩こりなどに用いられました。
古代では、ジュズダマを食用として栽培していたという説があります。イネが入り、ジュズダマの栽培は行われなくなり、放置したものが野生化したというものです。 ジュズダマの硬い殻を、どのように処理したのでしょうか。ちなみにジュズダマのデンプンは、粘り気の少ない うるち性で、ハトムギは粘り気の多い もち性という違いがあります。

2002.10.New-2012.08Re
このページのトップへ