イネ(イネ科)
10年程前、いただいたお米に稲穂が1本添えられていました。 住まいは田んぼのない地域なので、子供たちに見せようと、発砲スチロールの箱を容器にして田植えをしました。 とうに教育的意味合いはなくなりましたが、以来、毎年作り続けています。
2003年の冷夏では、穂は立ったまま秋になってしまいましたが、暑かった今年(2004年)は豊作になりそう。 発砲スチロールのたんぼでも、気候の影響がはっきり現れました。
イネ(稲)は、人類が食料にしている作物のなかでも最も重要なもののひとつです。 日本での稲作(水稲)の起源は、従来、弥生時代とされてきましたが、現在は縄文中期という学説もでてきています。陸稲については、6000年前から行われていたという説もあります。
もともとは熱帯の植物ですから、生育には適度な雨量と暑さが必要です。 日本では品種改良によって、冷涼な気候の北海道まで栽培範囲を拡げていますが、これは稲作の北限になります。
イネは風媒花なので、虫を呼ぶための目印である花弁やガクはありません。代わりにエイ(穎)という花の保護器官があります。 エイは収穫後に発生する籾殻のことで、2つが向かい合って子房を囲んでいます。 内側を内穎、外側を護穎  といいます。種類によっては、護穎の先端が長く伸びてノギ(芒)と呼ばれます。

穎の名称については、花穎としたり、護穎を外穎とするものもあります。

イネの受粉は、ほとんどが自花受粉によるとみられます。夏の朝、エイが開き隙間から雄しべを伸ばしますが、昼ごろには、葯を外にのこしたまま閉じてしまいます。 受粉したイネは、スズメに食べられなければ、10月には、結実した実の重みで稲穂が垂れます。

イネ Oryza sativa  2004.08.-2006.08

”古代米”ムラサキイネ  東京都薬用植物園にて

コメ 生薬名: 粳米 [ 局 ] 用途:賦形剤
お米も薬用に利用されます。 稲の種皮を取り除いた種子(仁)は、粳米(コウベイ)といい、健胃、滋養強壮に、また、コメを蒸して発酵させたものは、神麹(シンキク)といい、滋養、消化、止瀉の漢方薬に配合されます。 コメの澱粉は、薬の賦形剤としても、米ヌカから圧搾して得られる脂肪油は、軟膏基剤に利用されています。

2004.08. -2012.04.Re
このページのトップへ