ナツメヤシ  棗椰子 ( ヤシ科

ナツメヤシ 棗椰子は、乾燥した亜熱帯※1地域に分布するヤシ科の常緑高木です。 果実を食用とするため、有史以前※2からメソポタミアや古代エジプトで栽培化されていたと考えられています。 原産はペルシャ湾岸地域とみられますが、栽培時期が古すぎるため、本来の分布を解明することは難しいとされます。 乾燥地でも良く実り栄養価が高いことから、栽培地はインド北西部からアフリカ北西部まで広がり、また20世紀に入ってからは、南半球や北米カリフォルニアでも栽培されています。

葉は羽状複葉、長さは3mほどあり、幹の先端部分に集まって輪生状につきます。小葉は針形で 120対前後あり、葉柄には長いとげがあります。幹は分枝せず、先端が唯一の生長点で、生長点が大きな損傷を受けると枯死します。 雌雄異株、虫媒花ですが、栽培にあたっては、人工授粉※3が行われています。 繁殖は、種子によるものと、根元に子株ができる栄養繁殖があります。

※1 亜熱帯  : 温帯の熱帯寄りの部分で、厳密な定義はない。 ナツメヤシの生育環境では、通常、亜熱帯といわれる範囲より広く、熱帯(乾燥限界を下回る地域なので、正しくは熱帯といわない)の一部を含む北緯15度から30度くらい。
※2 有史以前 : ナツメヤシは紀元前3000年ころに最古の利用が認められ、それ以前に栽培化されていたと考えられる。
※3 人工授粉 : ナツメヤシの人工授粉は、古代アッシリアですでに行われていた。
ナツメヤシ Phoenix dactylifera L. 撮影:つくば実験植物園、他
ナツメヤシの果実( デーツ Date )は、長さ5〜6cmの楕円体で、種子がひとつ入っています。 熟したデーツは、そのまま食べたり、加工してジャムや、乾燥させて保存食とします。干したデーツは濃褐色になり、甘みがあるドライフルーツになります。 種子は、ラクダなどの家畜の飼料として利用されています。

属名 Phoenix は、熟した果実の色から、phoenicius フェニキアの( phoeniceus 紫紅色の、美しい紅色のと同義 )に由来します。 他に、大きな葉を広げてる樹形を、不死鳥 Phoenix に見立てたとする説などがあります。 種小名 dactylifera は、指状物のある ( dactylon 指 )の意味。

2014.11.30.New
果実 下段は 乾燥果
このページのトップへ