ショウガ 生姜 ( ショウガ科

ショウガ 生薬名:ショウキョウ/カンキョウ [ 局 ] 用途:漢方薬・食品

ショウガは、熱帯アジア原産の多年草で、地下にある多肉質の根茎から偽茎を伸ばし、草丈50cm程に生長します。 葉は互生、長被針形で先が尖り、葉柄は長い鞘状( 葉鞘 )で重なって巻き偽茎になります。 花茎は、葉とは別に地下茎から出て、先端に花序をつけます。花序は緑色の苞が鱗片状に重なり合っていて、小花は苞の隙間からでて開花します。 赤紫の唇弁は、雄しべが変化したもの。本来の花弁は黄緑色の3枚で、基部は合着します。夏から秋にかけてを花期としますが、日本では屋外の開花は希です。 そのため栽培は種子によらず、根茎の栄養繁殖※1によって行われてきました。

※1 栄養繁殖 : 種子を経由しない植物の繁殖方法のひとつ。ショウガは、多肉化した根茎が不定形に分枝生長することで行う。

インドや中国では紀元前から食材・香辛料として利用され、日本でも古い時代に中国から伝わりました。 根茎に独特の芳香があることから香辛料として、 また乾燥されたものを生薬・生姜(しょうきょう) ※2として利用されています。 含有成分は、ジンギベレン zingiberene 、辛味の成分 ジンゲロール gingerol 、加工過程で作られる ショーガオール shogaol などが含まれます。 健胃作用や、吐き気を抑える作用があるとされ、多くの漢方処方に配合されています。
民間療法では、食欲を増進させるとか、身体を温めるので風邪に良いとして、利用されています※3。 調理などに使用されるのは、大きくなる品種で、流通の90数%を占めています。葉ショウガとして利用されるのは小さな品種で、谷中生姜、金時生姜が有名です。

※2 生姜 または、生薑 : ショウガと同じ文字で、生薬名は、ショウキョウという。 根茎を単にそのまま(輪切りにして)乾燥させたもの。皮をむき蒸してから乾燥したものは乾姜(かんきょう)といい、生姜(しょうきょう)とは区別する。特に指示がない場合は、生姜を使用する。
※3 生薬として利用されるものが、食品としても使用される。 医薬品としての効能効果を標ぼうしない限り、医薬品と判断しない原材料に区分されている。医薬品とする場合は、一定の規格を満たしたものでなければならない。

2013.02.New
ショウガ ( 英名 Ginger ) Zingiber officinale   撮影・昭和大学薬用植物園温室、他 
このページのトップへ