ツユクサ / オオボウシバナ (ツユクサ科)
夏の朝、ツユクサは、鮮やかな青色の花弁を広げます。開花から数時間後、強い日差しに会うとで萎んでしまうので、朝露のようなはかないイメージがあります。

ツユクサは、2枚貝のような苞の中から1つづつ咲きでます。上に大きな青い花弁 2枚、下向きに逆三角形の小さな白い花弁 1枚からなりたちます。雌しべは、1本。
雄しべは、6本ありますが、デザインの異なった3種類のタイプから構成されます。 まず、花弁に近い方の「X」型をした3本は、目立ちますが花粉を出さない仮雄蕊(かりゆうずい)です。真ん中の「W」型の1本は、花粉は出しますが、本来の成分ではありません。 本物の雄しべは、雌しべの両側にのびている残りの2本で、花粉を出す葯(やく)を備えています。

花は、通常は両性花ですが、栄養状態の関係からか、雌しべのない雄花になることもあります。 条件が良ければ2つ一緒に咲き出ますが、その時には上側の花は雄花になり、下側の花だけ両性花になります。こうした現象は、種子を作ることのコストの大きさが理由と考えられます。

開花時間がわずかななため、虫が来ないこともあります。そうした場合、萎みながら雌しべと雄しべを巻き取る形で絡ませて自家受粉(同花受粉)を行います。 もちろん、遺伝的に正常な形の受粉が望ましいのはツユクサも同じですが、種子を作ることを最優先した結果の選択といえます。

一般的に、植物は自家受粉を避けます。それをあえて行うことの影響から、ツユクサには、右のようなアルビノも、それほど珍しくなく発生します。 通常は、たくさんの青色の中に1〜2株あるだけですが、青から白系へと連続した濃淡をみられる場所もあります。

ツユクサの花弁の美しい青色は、染料として定着することができず水で色落ち退色してしまいます。
ツユクサ Commelina communis L.
その性質を利用して、ツユクサの栽培品種オオボウシバナから採った染料は、友禅染めなどで下絵描きに使われました。

2006.08.-2008.08Re
オオボウシバナ 撮影・東京都薬用植物園
Commelina communis var. hortensis Makino
このページのトップへ