ウコン / キョウオウ  ショウガ科

ウコン  生薬名:ウコン( 鬱金 ) [ 局 ] 用途: 漢方薬・食用・染料
沖縄が長寿県であるのは、地元で「ウッチン」と呼ぶウコンを日常的に 利用しているからといわれることがあります。 真偽はともかく、ウコンは、芳香性健胃、利胆(胆汁分泌する作用)などを目的とした漢方に使用されています。
成分のクルクミン curcumin が、食べ過ぎ、飲み過ぎに良いとして、健康補助食品にも使用されています。 もともとウコンは余りおいしいものではありませんでしたが、最近ではお酒好きの人向けのおいしいというドリンクなども販売されています。 一般的には、カレー粉の原料・ターメリックという方が馴染みがあるようです。
ウコンは、黄色の染料としても利用されています。東南アジアの黄色の僧衣は、ウコンを利用しているものがあります。 また、古くから「うこん染め」の布地は、防虫効果があるとして、貴重な書画を包むのに利用されてきました。

ウコンは、アジアの熱帯地域に自生し、草丈1メートル程度になります。 秋口に、偽茎の途中から花茎を伸ばし、長さ20cm程度の花穂をつけます。淡い黄色の花は1日花で、苞葉の上部は、ごく薄い赤色を帯びます。 秋に花が咲くことら、春ウコンのキョウオウや、 夏ウコンのガジュツの別名と区別するため、わざわざ秋ウコンの別名があります。

 肝臓に良いとしているが、肝障害のある場合には症状が悪化した例があるので、大量の摂取は控える必要がある。 カレーなどの料理で食べる程度では、問題ないとされている。

2012.08.Re
ウコン Curcuma longa L.(C.domestica Valeton) 撮影地・東京都薬用植物園 2011.08.13.

キョウオウ  生薬名: キョウオウ( 薑黄 ) [ 局外 ] 用途:健康食品など

ウコンに似ているキョウオウは、別名を春ウコンといいます。 クルクミンの含有量は多くありませんが、健康補助食品としてウコン同様の利用をされています。
春に咲く花は、ウコンとは異なり、地面から直接に花茎が立ち上がり、苞葉の上部が淡い赤色に染まります。 花期の葉は、筒状に巻いた状態で、花の後に葉が展開します。

同じ名前でも、日本と中国は別の種を指すことがあります。中国名では、「鬱金」は和名のキョウオウ、「薑黄」はウコンのことを指し、こうした例は他にもあります。

2012.08.Re
キョウオウ Curcuma aromatica Salisbury 撮影地・東京都薬用植物園 2002.06.-2005.04.
このページのトップへ