アロエベラキダチアロエ
アロエ・フェロックスアロエ・アフリカーナ
APG:( ツルボラン科
新エングラー:( ユリ科
アロエは、アフリカ南部、およびマダガスカルに多く産する多肉植物の仲間です。 サボテンのように見えますが、常緑の草本の扱いになり、キダチアロエやアロエベラ、観賞用の園芸品種などが栽培されています。 日本では、総称してアロエといいますが、品種によって観賞用・食品・民間薬・医薬品と、利用方法が全く異なります。
アロエベラ アロエベラ Aloe barbadensis Mill. 撮影・東京都薬用植物園
用途:食用
アロエジュースやゼリー、ヨーグルトなどの食用には、アロエベラが利用されています。 アロエベラは以前の学名が、一般的な呼称として定着したものです。「薬効のあるアロエ」を意味しますが、実際には民間薬のような効用もないようです。

キダチアロエと違い苦味が少なく、肉厚なことから、生食用として食感や味覚を楽しむことができます。

属名 Aloe は、苦味のあるという言葉を由来とします。種小名の barbadensis は、西インドのバルバドスの。


キダチアロエ 用途:民間薬・観賞用
わが国でアロエというと、キダチアロエのことを示すことが多いと思われます。 実際、栽培が容易で、鉢植えもよく見かけます。地植えにすると、丈1メートル程度の大きな株になります。 「医者いらず」とも呼ばれ、民間薬の領域で、やけどや、健胃などに利用されてきました。 通常、強い作用はないようですが、摂取の時期には、医薬品に準じた扱い  をする方が良いようです。

キダチアロエを使った「健康食品」  国民生活センター報道発表資料 2005年 8月

 キダチアロエ Aloe arborescens Mill.var.natalensis Berg  撮影・東京都薬用植物園

 アロエ  生薬名:アロエ(蘆薈・ ロカイ)[ 局 ] 用途:漢方薬・製造原料

医薬品に用いられるのは、ケープアロエアロエ・フェロックスA.アフリカーナ及びその交配種です。丈が3メートル以上にもなる大きなアロエです。
葉から採れる液汁を乾燥して固形にしたものを、健胃や下剤の配合剤にします。 骨盤内臓器の充血を起こすアロエ・エモジン aloe-emodin などの成分が含まれているので、妊娠時、月経時、腎炎、痔疾などの場合、大量の服用には注意を要します。
生薬名「ロカイ」は、中国名「蘆薈」を日本語読みしたものです。

2012.04.Re
アロエ・フェロックス Aloe ferox Mill. 撮影・東京都薬用植物園
アロエ・アフリカーナ Aloe africana Mill. 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ