ギョウジャニンニク 行者忍辱 ( ネギ科

ギョウジャニンニクは、山地の林床に生える多年草で、北海道から近畿地方付近まで分布します。 葉は普通1〜2枚で、基部は葉鞘となります。葉身は長さ20cm〜30cmの長楕円形をしていて、先は尖り、表面はやや光沢があります。 地下の鱗茎は長さ4〜6cmのラッキョウに似た円筒形、褐色の繊維に包まれていて、強いニンニク臭があります。
初夏、40〜70cmの花茎頂に、散形花序をつけます。小花の花柄は15mm程で、基部は暗紫色、上部は暗紫色を帯びた緑色となって花被に続きます。 花被片は6枚、白色から淡紫色で5〜6mm。花序の上部から咲き始め、最盛期の花序は球形に近くなります。雄しべは6本、花被よりも先まで伸びます。

鱗茎や若葉はニンニク風味の山菜として食用にできます。和名は、山中で修業中の行者が滋養をつけるために食べたことが由来とされます。 他説では、栄養がつき過ぎて修行の妨げになるとして、行者の食用禁止説もあります。漢字で書くと、行者忍辱※1。 属名 Allium は、匂いを語源とするニンニクの古ラテン名、種小名 victorialis は「勝利の」、亜種名 platyphyllus は「広い葉の」の意味。

ギョウジャニンニクの持つニンニク臭は、ニンニク Allium sativum の成分と同じ アリシン※2によるものです。 ニンニク同様の作用を期待できますが、アリシン は強い抗菌・抗カビ作用もあります。過剰に摂取すると、胃腸炎を起こすこともあり、行者食用禁止説でなくても、過剰摂取には注意が必要です。
また、山菜としては、他の植物と間違えて採取、食用にした中毒例※3があります。 誤認種には、イヌサフラン、コバイケイソウ、バイケイソウ、スズランがあり、特に北部地域は、スズランに注意が必要です。 時期になると栽培品が販売されるので、無理に山採りせずに、購入して利用する方が賢明です。
右画像は、3月後半の茎葉(植栽品)

※1 忍辱 : 仏教用語で、困難を耐え忍ぶ意味。臭いを堪え忍んで食べるので、ニンニクの語源になったともいわれる。行者大蒜と書くことも。
※2 アリシン : ニンニクに含まれるアリイン alliin が、細胞を傷つけられると酵素の働きでアリシン allicin に変化する。ニンニク臭の元。
※3 中毒例 : 厚生労働省
自然毒のリスクプロファイル・高等植物毒参照


2014.02.16.New
ギョウジャニンニク Allium victorialis subsp platyphyllum Hulten 撮影・東京都薬用植物園、他
このページのトップへ