ハラン ( APG:キジカクシ科  新エングラー:ユリ科  )

スーパーマーケットなどで鮨を購入すると、緑色のプラスティックのフィルムシートが仕切りに入っていることがあります。 もともとは寿司店などが、ハランの大きな葉を利用していたのを、プラスティックで模倣代用したものです。

ハラン(葉蘭)は、別名(地方名)を、バランとかバレンといいます。蘭とつきますが、ラン科ではありません。 従来は、中国が原産地といわれていましたが、最近では鹿児島地方との見方が強くなってきています。
太い根茎を横に延ばし、葉を叢生させます。地面から伸びる葉柄のさきに、長さ30〜50cmの紡錘型で光沢のある葉をつけます。常緑で乾燥や強く、陰地を好みます。

通常、開花期は4〜5月。径3〜4cm程度の目立たない花を、根際につけます。地面に少し埋まったように咲き、花冠は、8裂します。花の内部は暗紫色、外面には暗紫色の斑点があります。
花の位置から、ハランのポリネーター については、長く不明でした。 ナメクジやカタツムリが行うという説もありましたが、通った痕跡がないという疑問も提示されていました。現在では、陸生の小型の甲殻類が花粉を媒介するといわれています。 果実は、いびつな球形をしていて、中には数個の種子が入っています。

根茎を、利尿・強壮などに利用したそうですが、成分・用法等の内容は不明です。
分類変更。ユリ科→スズラン科→キジカクシ科(APG新設)
ハラン Aspidistra elatior Blume

撮影・明治薬科大学、他.
 ポリネーター : pollinator 花粉を媒介する昆虫や動物を指していう。送粉者、花粉媒介者ともいう。

2006.11.New-2012.08.Re
4〜5月以外にも開花する
やや未熟なハラン(葉蘭)の果実
このページのトップへ