クンシラン / ウケザキクンシラン ( ヒガンバナ科クンシラン属 )
クンシランは、「ラン」とつけられていますが、ラン科ではなくヒガンバナ科です。 通常、園芸店で目にするものは、Clivia miniata クリビア・ミニアータ の形質を出現するもので、いかにも君子蘭の名前にふさわしい華やかさがあります。 しかし、本来の君子蘭の和名は、明治の初めに入ってきた別種の C.nobilis ノビリスにつけられたものです。nobilis とは「気品のある」とか「高貴な」を意味し、それを君子に結び付けたとみられます。 遅れて明治の終わり頃に来た C.miniata は、上向きに咲くので「受け咲き」が冠されて ウケザキクンシランの呼称になりました。

園芸的価値では鮮やかな朱色(クリーム色の品種も創出されている)の花冠の C.miniata が勝ります。C.nobilis は、花が下向きに咲き、花冠の先端部分が緑色を帯びます。 植物園でも見かけることが少なく、流通もないため、園芸店や一般的にはクンシランというと C.miniata の品種を指すようになっています。

クンシラン(クリビア)属は、南アフリカ原産で、常緑の多年草です。近年発見された2種を含めて、現在、6種で属を構成しています(2012年)。葉は線形で肉厚、表面は艶があり、基部中央から左右に2列に分かれ、扇状に伸び出します。 それぞれの列の葉の基部は重なり合い、地下部で鱗茎状になりますが、他のヒガンバナ科のような鱗茎(球根)は作りません。
クンシラン Clivia nobilis Lindl. 

撮影・つくば実験植物園
花期は種によって異なり、ウケザキクンシランは、4月頃、クンシランは、5月頃に扁平な花茎をのばし茎頂に多数の花をつけます。 特徴は、後述の表に記載。
ウケザキクンシラン Clivia miniata Regel 果実は、miniata タイプの園芸品種

撮影・東京都薬用植物園、他
ところで、最初に日本に来たのは、クリビア・キルタンシフロラ Clivia × cyrtanthiflora という品種だったとする説があります。 クンシラン属は、園芸品種の創出では古典的な部類に入り、キルタンシフロラも交配により創られた品種です。 nobilis と miniata の種間交配で、外見が、nobilis の形質を受け継いでいるため誤認された可能性もあります。この説によれば、後も先もなく2つの種は遺伝子レベルで一緒に来たということになります。

クンシラン属の先に知られていた4つの種、ウケザキクンシラン、クンシラン、ガーデニー、カウレスケンスは、半日陰に自生します。 ウケザキクンシランの例では、真夏の強い日光の下に置くと葉焼けを起こします。やや乾燥気味の場所を好み、過湿にすると根腐れを起こします。 また、寒さにも弱く( 耐寒5℃ )、霜にあたると地上部が枯れることもあります。反対に温かすぎても花茎の伸長が促進されないため、10℃程度の低温が要求されます。 耐寒温度などの差はあるにしても、4種ともこの傾向は同様とみられます。
近年、新たに発見された2種、ロブスタとミラビリスについては、ロブスタは湿気を好み、ミラビリスは半乾燥地帯に自生するという違いがあります。

名前(和名)
種小名 : 意味 / Clivia : 人名
特 徴
ウケザキクンシラン
C.miniata : 赤色くなる、朱色の
花期4月頃、花は鮮やかな朱色で、この1種のみ上向きに咲く
一般ルートで流通しているのは、この種だけ
クンシラン
C.nobilis : 高貴な、気品のある
花期5月頃、以下の5種は、筒状の花を下向きにつける
花弁は朱色で、先端は緑色を帯びる
クリビア・ガーデニー
C.gardenii : 人名か?
晩秋に開花、やや大型で高さ80cm以上ある
花冠は、淡い朱色から黄色になり先端は淡緑色と変化する
クリビア・カウレスケンス
C.caulescens : 有茎の
晩秋から初冬に開花、花冠の先端は淡緑色
クリビア・ロブスタ
C.robusta : 大型の、強い 
高さ1m以上の大型種、花冠先端わずかに淡緑色
この種のみ湿気を好む
クリビア・ミラビリス
C.mirabilis : 驚異の、奇異の
少雨の半乾燥地帯で発見され、葉の中央に白線がある
直射日光にも強い

2007.02.(2008.10.re)-2014.02
クリビア・ガーデニー Clivia gardenii Hook.f.撮影・つくば実験植物園
このページのトップへ