ヒガンバナ ヒガンバナ科ヒガンバナ属
ヒガンバナの分類は、新エングラー体系では独立した科、クロンキストではユリ科ヒガンバナ属、APG分類では再びヒガンバナ科とされました。 ヒガンバナ科は、子房下位、ユリ科の子房上位または中位という点が異なります。また、ヒガンバナ科は、鱗茎から直接、葉や花茎が立ち上がります。
日本での科名※1となったヒガンバナは、 Lycoris radiata が、 秋のお彼岸のころが花期にあたることから名づけられました。属名のリコリスは、ギリシャ神話の海のニンフ(妖精)の名から。

※1 APG分類ではヒガンバナ科の学名は、Amaryllidaceae 、直訳?すると ホンアマリリス(Amaryllis)科。 日本で普通に使われている科名とは一致しない。
ヒガンバナ 生薬名:石蒜(セキサン)[ 局 ] 有毒 用途:製薬原料
ヒガンバナは、9月に鱗茎(球根)から花茎を立ち上げます。高さは60cm程度で、彼岸のころに茎頂に5〜10個の花をつけます。 花被片は、6枚で、先端は反り返ります。おしべは6本、めしべは1本。いずれも花被片より長く、外へ伸び出します。

葉は、晩秋(10月下旬ころ)にでて、翌年の5月ころに枯れます。秋まで地上部はなくなり、「夏眠」をします。

ヒガンバナの鱗茎(球根)は、生薬名を石蒜といい、痰をきる効能で製薬原料にもされましたが、現在はあまりないようです。
民間薬では、鱗茎をすりつぶして布に包み、むくみなどをとるシップ剤としました。
 ヒガンバナ Lycoris radiata Herb.撮影・東京都青梅市
日本にあるヒガンバナは3倍体であるため不稔性です。もっぱら分球によって個体数を増やし、種子をつけることもありますが、多くは発芽しないとされています。 原産地の中国には2倍体のヒガンバナもあり、正常な種子をつけます。普通、2倍体より3倍体の方が大きく、ヒガンバナも同様です。 ひと回り小さい2倍体のものは、コヒガンバナ Lycoris radiata var.pumila と呼ばれ、1ケ月ほど早い時期に開花します。
ヒガンバナの葉 撮影・東京都薬用植物園 未熟な種子 植栽品
ヒガンバナは、沢山の地方名を持っています。
鱗茎(球根)が有毒であるためか、 ジゴクバナやシビトバナ、ドクバナ、ハカバナなど、少々気の毒な名前が多いようです。 また、梵語からきたといわれるマンジュシャゲや、生長の過程からハミズハナミズ(葉見ず、花見ず)といったものもあります。 園芸店では、属名のリコリスという名前で並ぶこともあります。前述の通り、リコリスは、ギリシャ神話のニンフ。地域により、人により連想の仕方が随分と違うものです。

多くの地方名があるということは、それだけ親しまれているということですが、日本に入った経緯については、諸説あり、まだ分かっていません。

(1)海流漂着説・・・揚子江から流れ出た球根が海流にのって日本に流れ着いたという説。 海水に浸かった後の発芽能力や、実際に浮かんでいる日数などの検証もされました。漂着にかかる時間が長いので、難しいという指摘も。

(2)自力移動説・・・日本と大陸が陸続きのときに移動してきたとするもので、300万年程度あれば、距離的には計算上は可能とのこと。 ただし、期間中に大きな気候変動もあったので、それに耐えられるかという疑問も残ります。
コヒガンバナLycoris radiata var.pumila

撮影・つくば実験植物園
(3)食料導入説・・・食料の1つとして人為的に導入されたとする見方です。 ガンバナの鱗茎は有毒ですが、水にさらすことにより、食料として利用可能になります。 この説では、ヒガンバナの分布域が人の生活域に一致していることも根拠のひとつとされています。 救荒植物としての位置づけが、あまり利用されなくなってからも、習慣だけが残りあぜなどに植えら続けたとされるものです。
説の名前は、便宜上つけたもので、学説にこうした表題があるかは、確認していません。
シロバナマンジュシャゲ
植栽品として見かけるシロバナマンジュシャゲは、ヒガンバナとショウキズイセンの交雑により生まれたと見られています。 花被片は、やや黄色味を帯び、ヒガンバナと比べると幅はやや広く、反り返りはヒガンバナほどではありません。葉の幅も、やや広くなります。 ショウキズイセンは、四国・九州に自生。
ショウキズイセン Lycoris traubii シロバナマンジュシャゲ Lycoris albiflora Koidz.

撮影・東京都薬用植物園

キツネノカミソリナツズイセン
キツネノカミソリは、野原や林床にあって、葉が枯れた後、8月ころ花茎を立て3〜5個の花をつけます。 花被片は朱色で、反り返らずに、ななめに開く程度です。花被片がヒガンバナのように波打つことはなく、また、おしべは外へ伸び出さずに花被の長さに収まります。 葯は黄色なので、ヒガンバナと区別できます。名前は、葉の形から。
ヒガンバナ同様有毒で、誤食すると嘔吐、けいれん、下痢などの症状がでます。

ナツズイセンは、中国原産。もともとは観賞用に導入されたものです。夏、葉が枯れた後、花茎を立てるのは、キツネノカミソリと同じ。 種子はできません。
ガランタミンを含み、オオマツユキソウ同様に重症筋無力症の症状改善薬の製造原料とされます。
キツネノカミソリ Lycoris sanguinea Maxim. ナツズイセン Lycoris squamigera Maxim.
このページのトップへ