イヌサフラン 別名 コルチカム APG:イヌサフラン科  新エングラー:ユリ科

イヌサフラン 成分:コルヒチン [ 局 ] 有毒 用途:製薬原料
イヌサフランは、APG分類体系ではグロリオサ(キツネユリ)とともにイヌサフラン科とされました。 和名では「サフラン」がつき、英名は、Autumn Crocus ですが、アヤメ科 Crocus 属の サフランとは別の植物です。
イヌサフランは、有毒な成分 コルヒチン colchicine を含みます。コルヒチンは、痛風発作の緩解および予防の効果※1があります。 また、植物の細胞分裂時に染色体を倍加させる(異常を誘発する作用がある)ことから、種なしスイカをはじめとした植物の品種改良にも使われています。

※1 痛風発作への効果 : ごく初期の予兆をとらえて服用しないと効果がない。 初期症状を自己判断できるような再発患者には有効であるが、そうでない場合には服用しても効果が得られにくい。

イヌサフランは、葉を山菜のギョウジャニンニクと間違えたことにより死亡事故が発生したことがあります。 また、アヤメ科のサフランと間違えて、雌しべを使用して中毒した例や、鱗茎(球根)をジャガイモと間違えて食べたという例があります。 ギョウジャニンニクの根は、ラッキョウのような形で、芽生えのときにはニンニク臭があり、葉の数は1〜2枚です。 イヌサフランにはニンニク臭はなく、葉は多数が重なって生えます。また、サフランの利用部位の雌しべは、赤く糸状になっているので、それぞれ区別ができます。
イヌサフラン Colchicum autumnale L.  撮影・東京都薬用植物園
園芸店では、属名のコルチカム(コルキカム)の名前で店頭に並ぶこと多いようです。秋咲きタイプが多く、 丈夫で、球根(鱗茎)をそのまま室内に置いても、種小名 autumnale ※2 の通り、秋に花が咲きます。
花を楽しんだ後に土に植えれば良いので、室内に土を持ち込まずに済みます。ヒヤシンスなどの水栽培とは違って、特段の水分補給はなくても大丈夫ですが、花後は土に植えて水遣りが必要です。 葉は、花が終わってからでて、翌年の5〜6月ごろに枯れ、夏は休眠します。

※2 autumnale は、「秋の」の意

ウォーターリリー Colchicum cv.waterlily
( C.speciosum × C.autumnale )

2012.07.New
八重咲き品種 ウォーターリリー
このページのトップへ