カラスビシャクオオハンゲ  サトイモ科

カラスビシャク 生薬名:半夏(ハンゲ)[ 局 ] 用途:漢方薬
カラスビシャクは、畑や道端に自生する多年草です。 地下の塊茎からのびる長い葉柄の先に 3枚の小葉(画像C)をつけます。 学名の ternata は、「三つ揃いの」という意味で、この3枚の小葉からつけられています。

5〜7月ころ、緑色の仏炎苞の中に、雌雄異花の肉穂花序をつけます。 花序はB上部に雄花群、下部に雌花群※1をつけます。 花序の中軸は仏炎苞の外へ伸び出し、苞から外へ出る部分では、A仏炎苞の先端部分が付属体を囲みしっかりと固定します。 仏炎苞内の付属体は暗紫色、そとに出てからは、緑色になります。 付属体が細長いところはウラシマソウに似ていますが、垂れ下がることはなく、@伸び上がったままになります。

和名は、仏炎苞をカラスの柄杓に例えてカラスビシャク。生薬名は、夏の半ばに花が咲くので半夏※2といいます。 昔、農家の主婦たちが畑のカラスビシャクを採り集めて売ったということから、ヘソクリ※3という別名もあります。

※1 画像Bでは、上部の白い部分が雄花群の位置。 花は終わり、雌花は果実になり始めている。メモリ単位:mm
※2 半夏(カラスビシャク)の出てくる時期だから、7月初めのその日を半夏としたとする説もある。
※3 ヘソクリ語源説。 カラスビシャクの塊茎が、一部凹んでヘソのように見えることからヘソクリ(クリは丸いものの意)といった。ヘソクリの語源については、諸説ある。

カラスビシャクは、種子や塊茎から増える他にも、小葉の基部や、葉柄にむかごをつけることでも繁殖をします。 同じサトイモ科のマムシグサなどと比べると、ひよわに見えますが、繁殖力は強く、なかなか退治できない畑の害草という側面もあります。

生薬の半夏は、カラスビシャクの塊茎の外皮を除去するなどの加工をしたものをいいます。
カラスビシャク 撮影・東京都薬用植物園、他
Pinellia ternata Breitenbach
吐き気どめ、鎮静、去たんなどの効能があり、半夏寫心湯や小柴胡湯の漢方処方に配合されています。 半夏は、強いえぐみがあって飲みにくいため、処方の多くは生姜を加えてえぐみを抑えています。
オオハンゲ Pinellia tripartita Scotto.撮影・東京都薬用植物園
オオハンゲは、カラスビシャクより大きく、林床などの明るい半日陰にまとまって生えます。
肉穂花序の付属体は、緑色。仏炎苞上部が付属体を抱きますが、囲んで固定することはありません。 葉は、葉身基部の中央で合着した3深裂の単葉になります。葉の高さは、仏炎苞の下部から中部あたりまで伸び、仏炎苞の位置まで伸びないカラスビシャクと異なります。
生薬としての使用は、不明です。

2012.07.-2014.02.Re
このページのトップへ