カタクリ(ユリ科)
カタクリは、古名をカタカゴ ※1 といい、全国の林床に自生する春植物のひとつです。 実生から開花まで7年もかかるため、乱獲されると回復するのに長い時間がかかります。開発によって身近な場所では姿を消しつつある植物です。

本来の片栗粉はカタクリのりん茎(球根)のデンプン質を利用したものでした。 円柱形の小さなりん茎は、年々深く潜る性質があり、採取には多くの労力を要したと思われます。現在、販売されている片栗粉は、ジャガイモデンプンを原料としています。

カタクリは、発芽後の数年間は1枚の葉をだすだけの生活サイクルで終わります。葉は地面近くにだけあって、幅が広く暗紫色の不規則な斑が入ります。 りん茎に養分が蓄えられて、初めて2枚の葉を出し花茎が立ち上がります。この頃の蕾と若い葉茎は、山菜※2としておひたしなどで食べることができます。

花は花茎の先に1つだけつき、下向きに咲きます。花被片は6枚で淡い赤紫色をし、花被片基部に近いところには暗赤紫色をしたW文字のような模様があります。 おしべは6本で葯は黒く、めしべは1本で淡い赤紫色を帯び、雄しべより長く伸び、先は3裂します。

カタクリ Erythronium japonicum Decne.青梅市
開花後、2ケ月ほどで種子ができます。零れ落ちた楕円体の種子には、蟻が好む付属体(種枕※3、エライオソーム)がついています。 蟻は種子を巣に運びますが、種子そのものは食料とされないため、結果として蟻が播種を手伝ったことになります。この播種方法は、スミレ、カンアオイなどでも見ることができます。

※1 万葉集の「堅香子」がカタクリのこととみられています。 もののふの 八十乙女らが 汲みまがふ 寺井の上の 堅香子の花
※2 地権者によれば、植物自信で再生できる程度の採取にとどめ、一定の間隔で残すという自主規制ルールがあるとのこと。
※3 種枕 : (しゅちん) 脂肪酸や糖分を含む種枕はアリが好み、eliosome (脂肪体、elaion=oil、soma=body) という。
カタクリの学名は、4回変わっています。
先ず、
(1) 北アメリカの種と同じとされ
(2) ヨーロッパの種と同じ、に変わり
(3) 次に その変種扱いに
 E.denscanis L.var.japonicum
(4) 1907年、牧野富太郎が独立種と発表
 E.japonicum Makino
(5) しかし、すでに別の学者により、独立種の見解が発表されていたことが分かり、現在の学名に落ち着きました。
このカタクリの学名の変遷は、当時の日本の分類学の状況を象徴する出来事として記憶されています。

属名 Erythronium は、erythros 赤 から。花が赤紫色のヨーロッパ種につけられたものです。
撮影・東京都薬用植物園
植栽品


ヨーロッパのカタクリ(セイヨウカタクリ)の葉は、あまり波打つことはなく、暗紫色の斑がクッキリとしています。 花被片の元の付近の斑紋は、くすんだ黄色。カタクリと比較すると、花被は赤紫色というより、ピンクに近い色合いです。

めしべは一部が極く淡い赤紫を帯びますが、全体としては白く、カタクリ同様に3裂します。栽培されているものは気候の関係からか、カタクリよりも若干小さく感じられます。 可憐なカタクリに対して、可愛いセイヨウカタクリといった印象の違いがあります。

種小名 dens-canis は、dens 歯+ canis 犬 が語源で、模様が犬の歯に似ているとしての命名。

セイヨウカタクリ(左)とカタクリ(右)の花被斑紋

なお、北アメリカ産の黄色い花のカタクリをセイヨウカタクリと称することもあります。
セイヨウカタクリ 撮影・東京都薬用植物園
Erythronium denscanis L.

北米には、いくつか黄色い花を咲かせるカタクリがあり、通称の キバナカタクリ ※4 で流通しています。 園芸品種としては、パゴダ Pagodコンド− Kondo が多く出回っていて、栽培しやすい品種とされています。 2品種とも、北アメリカ産の トゥオルムネンセ の交雑種です。
種小名 tuolumnense は、地名由来。

tuolumnense 2005.04.(2009.01.Re)-2014.02.
パゴダ Erythronium tuolumnense‘Pagoda’
別名 キバナカタクリ、セイヨウカタクリ
コンドー Erythronium tuolumnense‘Kondo’
※4 キバナカタクリ : 本来この和名は、Erythronium grandiflorum を指す。 園芸店では、grandiflorum 以外の品種もキバナカタクリの名前で流通させている。こうした事例は、Helleborus属にもある。 Helleborus niger を指すクリスマスローズの名称を、園芸業界は、同属の名称のように周知させた。 現実的には全ての種に個別の和名をつけるのは困難である。学名をカタカナ表記する方法もあるが、一般にはなじまない。 外見的に類似するものについては、属を代表する品種名が属の日本語名のようになるのはやむを得ないかもしれない。
このページのトップへ