ロードヒポキシス ( アッツザクラ ) (キンバイザサ科)
コキンバイザサオオキンバイザサ
ロードヒポキシス(アッツザクラ)は Rhodohypoxis属、コキンバイザサは Hypoxis属、キンバイザサは Curculigo属と、3種は属が異なります。 キンバイザサ科は、国内では種類が少なく、園芸植物のアッツザクラ以外は、なかなか見ることができないグループです。
園芸店では、ロードヒポキシスよりも、アッツザクラの名前でよく見受けられます。 アッツ島※1を連想(するのは、1940年代以前に生まれた方でしょうか)させますが、南アフリカ原産で、もちろんバラ科のサクラとも全く無関係です。 アッツザクラの命名由来については、アッツ島の日本軍玉砕哀悼説が有力ですが、他にもアッツ島占領記念説など諸説があります。 いずれにせよ植物の出自とは関係なく、流通業者が勝手につけた流通名と考えられます。

小さな球根から直接に葉や花茎が立ち上がるので、ヒガンバナ科に分類※2されたこともあります。 葉の長さは7〜10cm程度で、幅は狭く先端は尖ります。全体に白い軟毛があり、花茎・ガク筒も軟毛に被われています。 花被片は6枚。色はピンクが最も多く出回っていますが、白色もあり、八重咲きの品種も創出されています。雄しべ雌しべとも短く、外から見えないのも特徴です。

花期は4〜5月。次々と花茎が伸び上がり、長く楽しめます。夏は直射日光を避けて半日陰に置くのが良く、乾燥させすぎないように管理します。秋には、葉が枯れて休眠期に入るので、今度は乾燥気味にします。
アッツザクラ 品種不明
Rhodohypoxis baurii Nel 植栽品
翌春の花芽をつけるためには、5℃程度の寒さに当てる「春化※3」の過程が必要です。特に室内の栽培では、花芽の付きが悪くなるので、冬季は凍らない程度の室外に出します。 少々の霜ならば問題ないほど性質は強く、生育環境が良ければ球根が増え、温暖な地域では地植えも可能です。

※1 アッツ島 : アリューシャン列島にあり、太平洋戦争中、占領していた日本軍が玉砕している。
※2 分類 : クロンキスト体系では、ユリ科。APG分類では キンバイザサ科ロードヒポキシス属。
※3 春化 : 元々は秋まき植物が、冬の低温を経験後に、日が長くなると花芽形成が誘導される現象をいい、長日植物に普通にみられる。 低温から徐々に気温が上がることで、長日条件への応答に対する抑制が解除されるとみられている。光受容体タンパク質などは分かっているが、温度が検知されるメカニズムについては、まだ解明されていない。

属名 Rhodohypoxis : rhodon(バラ⇒赤い)+ hypoxis
 「 赤い(花の)ヒポキシス」・・Hypoxis(ヒポキシス)の花が黄色であるのに対して赤い花が咲くことから
種小名 baurii : 人名由来


コキンバイザサは、湿った土地を好み、やや好日性とみられます。関東以西に分布しますが、生育環境が少ないことから、限られた場所でしか見られないようです。 球根の多年草で、葉の幅は狭く先端は尖ります。草丈は10〜20cmで、ロードヒポキシスの倍位になります。葉や花茎の他に、外花被などの若い部分にも長い軟毛が目立ちます。 10〜15cmほどの花茎の上部で枝分かれをして、数個の花をつけます。花は、子房下位、ロードピポキシスと異なり、雄しべ雌しべが見えます。
園芸店では、キバナノアッツザクラの名前で出回ることもあったそうです。アッツザクラに似ているからということですが、やや無理なネーミングと思われます。

属名 Hypoxis : hypo( 〜の下、不完全な )+ oxy → oxis( 鋭い、急な、酸っぱい⇒酸性の )
 葉の形状が?「不完全に鋭い」では、意味不明。「(生息環境が?)やや酸性の」・・命名理由未確認
種小名 aurea : 黄金色の ⇒ 鮮やかな黄色い花につけることが多い
コキンバイザサ Hypoxis aurea Lour. 撮影・箱根湿生花園


オオキンバイザサは、熱帯の多年草です。葉は根生、幅が広くひだがあって高さ1m位、先端は尖ります。 ヤシの葉に似ていることから、英名を Palm Grass といい、葉の繊維も利用されています。花は茎が短いため、ほとんど根生葉の基部近くに咲きます。6つのおしべは合着してめしべを囲むのが特徴です。

このクルクリゴ属には、外見の良く似たクルクリゴ(Curcurigo latifolia)があります。味覚修飾物質クルクリンを含むことで知られていますが、おしべが合着しないことで区別ができます。

属名 Curculigo : curculio(コクゾウムシ 穀象虫)に由来
種小名 capitulata : 頭状花序の ・・と、思われる

2004.05.(2009.02.Re)-2014.02.
オオキンバイザサ Curculigo capitulata (Lour.) Kuntze 撮影・東京都薬用植物園


ここから先は当分の間、 です。

キンバイザサは、オオキンバイザサよりも小型の花をつける多年草です。 葉身10〜30cmの線状披針形で、球根から叢生します。花期は5〜8月。根元から短い花茎を何本も出します。 花は径1.5cmで、細長い花筒部があって、黄色い花弁の花冠はコキンバイザサのように平開します。

種小名 orchioides : ランに似た

2012.05.
キンバイザサ Curculigo orchioides Gaertner 撮影・
このページのトップへ