コンニャク(サトイモ科)2003.06.
庭の草花は、きれいな花を咲かせるものなのに、”はっぱ”しか出てこない。茎(正確には葉柄です)のまだら模様は、爬虫類を連想させる。 ”はっぱ”以外の変なものが出てきて、花だといわれたけれど、全然きれいでない。
遠い昔、小学生の頃のコンニャクに対する感想です。しかも、芋から作ったコンニャクは、ひどく不味いものでした。 今であれば、花もコンニャク作りも興味深く観察することでしょう。

コンニャクは、インドシナ半島が原産地といわれています。
6月初めころ地下の球茎から葉を出します。 球茎が小さいときには、養分を蓄え続け、4〜5年間経って養分が貯まると、初めて花茎を出します。
花期は、葉に先立つ5月初旬〜中旬。仏炎苞に囲まれた肉穂花序には、暗紫色の付属体が高く伸びます。付属体の付け根のあたり、仏炎苞の内側に黄色く見えるのが雄花群です。 雌雄異花で、その下に雌花群があります。
コンニャク
Amorphophallus konjack K.Koch


撮影:明治薬科大学薬用植物園
芋(球茎)に含まれる成分のマンナンを粉末化し、石灰を加えて凝固させたものが、食べる蒟蒻。 約97%が水分で、栄養価がほとんどないことから、ダイエット食品としての利用が盛んなことは周知の通りです。
他には、糊などにも使われたことがあります。第二次大戦中の風船爆弾には、この糊で和紙を貼り合わせたとのこと。
コンニャク芋 と 仏炎苞内部の雌雄花群
コンニャク芋を生でかじると・・・

サトイモ科は、シュウ酸カルシウムなどの成分を含みます。コンニャク芋も、そのまま生では食べられないため、加工して食品化しています。

誤って口に入れると、焼け付くような灼熱感があります。重症であれば、のどがはれて呼吸困難になることも。また、後に肝臓や腎臓に障害が残ることもあります。間違っても生をかじらないことです。


コンニャク属(アモルフォファルス属 Amorphophallus)には、2つの 1番があります。
世界で1番 背の高い花といわれる アモルフォファルス・ギガス A.gigas(インドネシア・スマトラ島、ボルネオ島の固有種)と、 1番大きな花を咲かせる ショクダイオオコンニャク A.titanum(スマトラ島固有種) です。
ともにギリシャ神話の巨人、ギガスとタイタン(ティタン)にちなんだ名前です。両種は近縁種といわれ、分布は重なることもありますが、自生する環境の好みには若干の違いがあるようです。 ギガスは、平坦なやせた土地に多く、タイタンは、腐葉層のある斜面を好むということです。
なお、いづれも食用にはなりません。

この2種の項目については、「巨大コンニャクのなぞ タイタンとギガス」小石川植物園後援会発行 を、参考にしています。

アモルフォファルス・ギガス

種小名の gigas は、英語 ジャイアント giant の語源で ”巨大な” を意味します。長い花茎があり、付属体までの地上高は 4メートルを超えて、世界一 背の高い花といわれています。

和名はありません。日本での開花は珍しく、小石川植物園の2003年と2007年の2例だけです。 世界的にも栽培例が少ないため、同一個体で2回咲かせたのは、世界中の植物園でも初めて(2007年9月)の快挙だそうです。

ギガスの葉は、球茎から1枚だけでて、長い葉柄の先が分岐して小葉がつき、高さは4メートル以上になります。6ケ月〜12ケ月すると枯れ、球茎は数ケ月休眠するというサイクルを繰り返します。
栄養分が蓄えられると、花茎を伸ばします。小石川植物園では、インドネシア・スマトラ島産の種子を導入してから、最初の開花まで10年以上かかりました。

受粉はハエや甲虫が行う虫媒花です。虫たちを誘うために、開花時に腐臭を出します。 実際には、ギガスの仏炎苞は、目線よりかなり上の方にあるため、中を覗くことはかなわず、同時に悪臭も直接に嗅ぐことはできません。 開放された場所では特段の強さは感じられないと思われます。



珍しい植物の開花については、該当植物園のホームページで開花予想など近況がアップされることが多いので参考にしてください。 ホームページの他に新聞に掲載されることもあり、こうしたときは予想を上回る長蛇の列になることもあります。 いつもの静かな植物園のイメージとは違うことがあり、時期によっては水分補給や虫除けなどの準備も必要になります。

今回(2007年9月)は、解説書や絵葉書を売るテーブルも出されていて、植物園にとってもビッグイベントだったようです。列に並ぶこと30分。 いつもは接写専門のコンデジも、ギガス相手にズームを多用する撮影になりました。

アモルフォファルス・ギガス
Amorphophallus gigas Teijsm.Binnend.

撮影:小石川植物園



ショクダイオオコンニャク
Amorphophallus titanum (Becc.) Becc.ex Archang.

撮影:小石川植物園
ショクダイオオコンニャク ( 燭台大蒟蒻 )
別名:スマトラオオコンニャク

ギガスが世界一背の高い花ならば、その近縁種であるショクダイオオコンニャクは、ギネス公認の世界一大きな「 花 」とされています。 和名は、仏炎苞と付属体を燭台に見立ててつけられたものです。インターネットで検索すれば、高さ3m、幅1.5mになる「 花 」の画像が容易に見つけられます。 国内でもいくつかの開花例がありますが、開花期間は数年に2日程度なので、運がよくないと見ることができません。

スマトラ島の希少種で、自然保護機関IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストにのせられています。ギガスと同様に、ハエやシデムシのような甲虫により受粉をされます。 そのため、花には非常に強い臭気があります。過去の開花時には、臭気のため気分が悪くなる人がいたとの事例もあります。 また、この時期の付属体は、発熱※1することでも知られています。 発熱することで、臭気をより遠くまで飛ばすためと考えられています。
今回(2010年7月)の小石川植物園では、ギガス同様、臭気については確認できませんでした。 理由は、屋外にテントを張って展示をしたこと。すでに3日経過していたため、臭気の発生が少なかった?ことが考えられます。

世界最大の「 花 」を構成するのは、コンニャク同様に、雄花群と雌花群、仏炎苞、付属体です。 本来の意味の花ということであれば、ひとつづつは小さいものになります。 単体の花ということではなく、仏炎苞に囲まれた1本の「 花序 」※2を世界最大の花としています。

なお、単体の花としては、花径 90cmになる ラフレシア・アーノルディ が最大です。また、花の集合体としては、ヤシ科の植物に最大の花序を構成する種があります。

※1 ギガスの付属体も発熱する。サトイモ科では、ザゼンソウの丸い肉穂花序が発熱することが知られています。
※2 花序:一般的に花の集合体を指す。

ショクダイオオコンニャクは、見学者が多かったため、人物と背景を消しました。




ギガスのときよりも見学者が多く、1時間以上並びました。開花後、すでに3日目であったため、仏炎苞の状態はよくありませんでした。それでも、本物の持つ迫力は全く違った印象を受けます。

参考
ラフレシア・アーノルディは、ブドウ科の植物に寄生します。寄生した植物の根から直接に栄養をとるため、根・葉・茎はない、多肉質の花だけの植物です。

ラフレシア・アーノルディ Rafflesia arnoldii
京都府立植物園標本展示品

 2010.06.Re
このページのトップへ