コウホネヒメコウホネオゼコウホネ スイレン科

コウホネ 生薬名:川骨 ( センコツ ) [ 局 ] 用途:漢方薬
コウホネは、日本全土の池や沼に自生している水生の多年草です。 淡水の水生植物は、その生活型により、次の様な分け方をされています。
・水上に伸びだす抽水植物
・水中にとどまる沈水植物
・長い柄で葉を浮かす浮葉植物
・植物体自体が浮かぶ浮遊植物
コウホネは、抽水植物とされますが、水上にでる葉「抽水葉」と水中にとどまる葉「沈水葉」の形態の異なる2種類の葉を持っています。 抽水葉は、葉身20〜30cmで質は厚く、艶があります。沈水葉は膜質で細長く、縁は波打ち、水底が見えないほどびっしりと生えます。

花は雌性先熟。花期は、5〜9月にかけてと長く、径3cm程度の黄色の花をつけます。5〜6枚の花びらのように見えるのはガク。内側に同じ色の10〜15枚の小さな花弁があります。 同様に黄色い多数の雄しべがあります。
中央の膨らんでいる部分が雌しべ。先端部分は、盤状になり柱頭盤と呼ばれる箇所で、表面に柱頭が放射状につきます。

花が終わると、ガクは緑色に変わり、水中に沈んで結実します。種子は、1つの花で100個以上できますが、発芽率は非常に悪いとのこと。 自生地で種子繁殖の幼体が確認できないこともあり、根茎による繁殖が多いとみられています。

水中一面に沈水葉が見える 箱根湿生花園
薬用部位はコウホネの根茎です。 根茎は、通常、池底の泥の中にあり、葉痕や花柄痕がついています。その形が背骨に似ているとして川骨または河骨(コウホネ)の和名があります。 その川骨から、センコツの生薬名ができました。
タンニンやアルカロイドの ヌファリジン nupharidine などを含み、月経不順や更年期障害などの婦人薬として、また打撲の消炎などに用いられています。
コウホネ Nuphar japonicum DC. 撮影・東京都薬用植物園

黄色くて分かりにくいコウホネの花の部位名称は、下図を参考にしてください。 花弁や雌しべの色が少し違うオゼコウホネ(ネムロコウホネ変種)と比較すると分かり易くなります。 オゼコウホネの花弁は、やや赤味を帯び、中央の雌しべの柱頭盤は赤くなっています。柱頭も、柱頭盤の上に、黄色く放射状になっていることが確認できます。
コウホネの花の部位
オゼコウホネ 撮影・つくば実験植物園
Nuphar pumila var.ozeensis
日本のコウホネの仲間は、コウホネ、ヒメコウホネ、ネムロコウホネ、オグラコウホネの4種。 変種を入れて8〜10種といわれますが、近年、シモツケコウホネの存在が注目されるなど、分類については未確定の部分がある属とみられています。

そのひとつ、ヒメコウホネは、四国から本州の湖沼にあって、葉はコウホネより小型で、通常は浮葉の形態をとり、また沈水葉もあります。 ただ、状況によっては画像のように抽水葉といえる形態を採ることもあります。 また、地域で大きさの違いもあり、地域グループの個性とみるのか、今後の研究結果が待たれます。

2005.07.New-2012.07.Re
ヒメコウホネ Nuphar subintegerrimum (Casp.) Makino 撮影・箱根湿生花園
このページのトップへ