アミガサユリ ( ユリ科 )

アミガサユリ 生薬名: 貝母 ( バイモ ) [ 局 ] 用途:漢方薬

アミガサユリは、 中国原産の多年草で、茎は直立し、高さは50cm程度になります。 葉は針形、上部の葉はより細く、先端が巻きひげ状になるのが特徴です。観賞用にもされていて、少数ながら逸出して野草化もしています。 花期は3〜4月、葉腋にひとつづつ淡黄緑色の釣鐘型の花を下向きに咲かせます。花弁の内側には、暗紫色の網目模様があります。
薬用部位は鱗茎で、2個の鱗片が重なる姿から中国名を貝母といい、生薬名バイモは、その音からきています。 成分のアルカロイドには、鎮咳作用やアトロピン様作用があり、鎮咳、去痰、止血などを目的として漢方に処方されます。

和名のアミガサユリ(編み笠百合)は、花の内側にある網目模様から命名されました。 属名 Fritillaria は、筒状の花の形をサイコロを入れる筒 fritillus に見立てて。種小名 verticillata は、輪生のの意。変種名 thunbergii は、人名由来です。

 初め、日本薬局方外生薬規格集収載品 [局外] と掲載していたが、改正があったので日本薬局方収載品 [ 局 ] に変更。

2006.11.New-2014.12.Re
バイモ 撮影・東京都薬用植物園
Fritillaria verticillata Willdenow
var. thunbergii Baker

このページのトップへ