タカサゴユリ (ユリ科)

2004年の大晦日、東京に雪が積もりました。秋からの天候不順で返り咲きした※1タカサゴユリも驚いたでしょう。 台湾から観賞用に入れたものが逸出して野生化し、日本では普通8〜10月頃に咲きます。自宅の塀際にでてきた画像の個体も播種した覚えはないので、実生で繁殖したものとみられます。 播種後1年以内(訂正)で開花するのも繁殖力の強さの理由。

(訂正) 1年目は葉を出すだけで、2年目以降に花茎を立ち上げる。自花授粉が可能で多くの種子を実らせる。
タカサゴユリは、葉が細長く先が尖ります。普通、花被片 ※2の外側に海老茶のぼかしやストライプが入ります。 模様の入らない白い種類もあるとのことなので、一般的な特徴ということになります。

大型の白い花で、ややタカサゴユリの形に似るテッポウユリ(Lilium longiflorum Thunb.)とは近縁で、自然交配もします。その交雑種を「シンテッポウユリ」といいます。 もともとは、テッポウユリ似の1年で咲く品種を創作したのが、本来のシンテッポウユリ。園芸品種では、一定の管理規格によって作られますが、自然交配は、その辺りの人間の都合は無視されます。 葉についていえば、テッポウユリのように幅の広い葉であるものやタカサゴに近いものなど、両種の葉の幅の範囲で個体差が出現します。

道端や空き地で咲き誇るタカサゴユリを見かけることが多くなりました。いずれ、タカサゴユリは、みんな新テッポウユリになるのでしょうか。白花のタカサゴとの区別はできるのでしょうか? 遺伝子の汚染はどちらの側におきるというのでしょう?新テッポウユリになり、元の形質を失うのはタカサゴ側でしょうか。テッポウユリの方ではタカサゴの遺伝子を受け入れるのでしょうか。
タンポポでおきたことがユリの世界でもおこっています。

属名 Lilium は、白色を意味する古名由来。種小名 formosanum は、「台湾の」の意味。

※1 返り咲き : 以前は「狂い咲き」といった。言い方を好まない人も多く、最近は「返り咲き」ということが多い。
※2 花被 : ユリ属の花は、3枚のガクと3枚の花弁に相当するものからなりたつが、色や形が違っていないので区別ができない。 このような場合、本来はガクという外側の花弁?を外花被、内側の花弁に当たるもの内花被といい、まとめて花被、ひとつづつを花被片と称する。
タカサゴユリ Lilium formosanum A.Wallace
新テッポウユリ? タカサゴユリ白花種

ユリ科について
植物園や図鑑の分類体系は、主に新エングラー体系という外見からの形態的特徴から判断された分類になっています。 最近は、従来できなかったDNA解析による分類方法が行われるようになって来ました。西洋タンポポと日本在来種のタンポポの交雑が分かったのも、この方法によります。
表題のユリ科については、他の科に含まれるべき属が多いとする指摘がされています。もともとユリ科は、大きなグループになっていて、他の科のようなまとまりに欠けていました。 半分くらいは、他の科を構成するとの見方もありますが、それがすんなり認められるほどの大きな違いではないという意見もあります。

植物関連の書籍によれば、ユリ科は、他の単子葉類の起源になっているという説が主流のようです。ショウガ科やラン科もユリ科のものから進化してできたとされています。 ということはユリ科のまとまりのなさは、進化途上のものが多く含まれていて、いずれは、数万年か数十万年後には全く新しい科を創るということなのでしょう。 とんでもない先の話はともかく、現在の見解の相違はDNA解析ができれば議論に終止符が打たれます。

2005.01.-2008.11.Re

ユリ科の分類については、新エングラー体系のような広義のものは認められなくなっています。APG分類体系U以降の分類では、従来のユリ科に分類される属は、大きく減りました。 他の旧ユリ科の属は、新設されたキジカクシ科(アスパラガス科)に移ったり、ネギ科のように独立したグループになりました。 以下は、新エングラーの広義のユリ科を構成していた属について、APGでの分類の概略。

2012.05.01.
ユリ科 ユリ属、ウバユリ属、バイモ属、カタクリ属、ホオトトギス属、タケシマラン属、ツバメオモト属、アマナ属、キバナノアアマナ属、チシマアマナ属、他
キジカクシ科
(アスパラガス科)
クサスギカズラ属、ハラン属、オリヅルラン属、スズラン属、ギボウシ属、エウコミス属、ヒアシンス属、ヤブラン属、マイヅルソウ属、ムスカリ属、 ジャノヒゲ属、ナルコユリ属、オモト属、ナギイカダ属、ツルボ属、他
ネギ科 ネギ属、ハナニラ属、他
ワスレグサ科 ワスレグサ(ヘメロカリス)属、キキョウラン属、他
ツルボラン科 ツルボラン属、アロエ属、他
イヌサフラン科 イヌサフラン属、チゴユリ属、キツネユリ属、他
ユリズイセン科 ユリズイセン(アリストレメリア)属
シュロソウ科 ショロソウ属、エンレイソウ属、ショウジョウバカマ属、ツクバネソウ属、シライトソウ属、他

このページのトップへ