マツユキソウ 別名:スノードロップ ヒガンバナ科
オオマツユキソウ 別名:スノーフレーク

マツユキソウなど 成分名:ガランタミン 用途:製造原料

継母からマツユキソウ (スノードロップ)を摘んでくるようにいわれ、冬の森で探す少女。 かわいそうに思った森の精が、季節の時計を進めると、雪が解けてマツユキソウの花が・・・。サムイル・マルシャーク著「森は生きている」の一場面です。 マツユキソウの花言葉は、希望、慰め。春の暖かさや幸福感を象徴するのにぴったりの花です。

名前はマツユキソウ(待雪草)ですが、早春に咲き、自生地では春の訪れを告げる花となっています。 そのため、開花後に降雪に遭うことも珍しくありません。もともと寒さに強い花ですが、小さな草丈で雪の重みに耐える姿は、可憐なだけではない強さを感じさせます。

マツユキソウには、属名のGalanthusから名づけられたガランタミンが含まれています。ガランタミンには、重症筋無力症の改善や、アルツハイマーの進行を遅らせるなどの効果が認められています。 同成分は、他のヒガンバナ科の植物にも含まれていて、成分抽出※1は、 マツユキソウの他にスノーフレーク(オオマツユキソウ) Leucojum aestivum※2などでも行われています。

※1 成分抽出 : ガランタミンは、合成もできている。
※2 オオマツユキソウ : この名前は、Galanthus elwesii の和名としても使われるので、和名だけでは確認できないことがある。

Gralanthus spp 品種不明
Galanthus属の花は、外花被内花被とも3弁からなり、内花被の先端が緑色になるのが特徴。ヨーロッパの広い範囲に自生しています。
国内でよく見られるのは、G.elwesiiと G.nivalis。両者の違いは、G.elwesiiの草丈は、15〜20cm。葉の付け根部分で、2枚の葉の一方が、他方の葉を抱え込みます。 G.nivalisの草丈は、10〜12cm程度と少し小さく、葉が他方の葉を抱え込むことはありません。他のヒガンバナ科の植物と同様に、有毒な成分も含んでいます。
マツユキソウ Galanthus nivalis
オオマツユキソウ Galanthus elwesii

スノーフレークは、前述のGalanthus属2種よりも、さらに大きく 30cmを超えます。 花がスズランに、葉がスイセンに似ているので、スズランスイセンの別名もあります。マツユキソウは、花茎頂に1個の花をつけますが、スノーフレークは、複数つけます。 マツユキソウのように外花被内花被の形の区別はなく、よく似ていて、花被片の先端に緑色の斑点があります。
園芸としては、数年間植えたままで良いので、スノーフレークの管理は簡単です。

撮影・東京都薬用植物園、他
2009.03.Re-2012.07.Re
スノーフレーク 別名 オオマツユキソウ、スズランスイセン Leucojum aestivum L.
このページのトップへ