マユハケオモト(ヒガンバナ科)

漢字で書くと眉刷毛万年青。眉刷毛とは化粧道具のひとつで、眉毛についた白粉を落とすための刷毛のこと・・・だそうです。花がその眉刷毛に、葉がオモト(万年青)に似ているとして命名されています。

マユハケオモトは、鱗茎から厚みのある長楕円形の葉をつけます。数は3〜4枚であることが多く、左右に伸び出て弧を描きます。葉の先端付近には細毛が散生します。 花茎は葉の間につき、花茎頂に葱坊主を思わせる花をつけます。葯は、黄色。白い花糸が伸びると丸い刷毛のイメージに近づきます。

マユハケオモトの花は、ネギの仲間を連想させますが、葉の形は、クンシランに似ています。 花の印象ではユリ科ですが、葉の様子では、ヒガンバナ科にも見えます。

ヒガンバナ科は、花弁の付け根よりも子房の位置が下にある子房下位で、茎から葉が出ずに、鱗茎から直接に葉がでます。
ユリ科は、子房が上にある子房上位で、茎から葉がでます。花の中をのぞいて、雌しべのふくらみが見えるかどうかがチェックポイントのひとつですが、植物園では触ることができないので、確認は無理ですね。

 APG分類では、ユリ科は大きく構成を変え、ネギ属もユリ科から独立してネギ科になっている。 上記のチェックポイントは、科の傾向として概略の確認に留まる。

2012.05.Re
マユハケオモト Haemanthus albiflos
ヒガンバナ科ハエマンツス(ハエマンサス)属

撮影地 東京都薬用植物園

ネギ Allium fistulosum L. 子房上位 例:ユリ科
ヒメユリ Lilium concolor
子房下位 例:ヒガンバナ科
ショウキズイセン Lycoris aurea
このページのトップへ