サジオモダカヘラオモダカオモダカ  ( オモダカ科 )

サジオモダカ 生薬名:タクシャ(沢瀉) 用途:漢方
サジオモダカ(サジオモダカ属)とは、長い葉柄と楕円形の葉身を、縦長のスプーンに見立ててつけられた名前です。 沼沢性の多年草で、夏に白い3弁花を多数つけます。種子によって繁殖しますが、根茎は塊茎となり、葉を叢生します。

薬用とするのは、塊茎となった根茎で、利尿、止渇を目的として漢方に処方されています。 タクシャ(沢瀉)の配合される漢方については、ブクリョウ、チョレイ、 ビャクジュツ(白朮)が組み合わされることが多くあります。 これらは、利水剤と呼ばれ、尿量の調節に効果的に働くとされています。
サジオモダカ Alisma orientale Juzepczuk 撮影:つくば実験植物園
ヘラオモダカ

ヘラオモダカ(サジオモダカ属)は、サジオモダカ同様に沼沢性の多年草です。 やはり、葉を根生させ、ヘラ状の葉からヘラオモダカの名前をつけられています。葉柄に長楕円形の葉身をつけ、葉身の両端は細くなります。

ヘラオモダカ 撮影:つくば実験植物園
Alisma canaliculatum



オモダカ

オモダカ ( 面高/沢瀉 ) (オモダカ属)の葉は、基部で深く2裂して矢じり型になり、裂片の先端は尖ります。 葉柄は長く、葉は水面の上にあって、草丈は80cmになることもあります。

昔、オモダカは面目が立つに通じるとして、また矢じりの形の葉から勝ち草として武士に好まれました。

 生薬名:タクシャ(沢瀉)という漢字は「おもだか」とも読まれる。
花は、上部に雄花、下部に雌花がつきます。画像は、雌花です。

2013.05New
オモダカ  Sagittaria trifolia L. 撮影:東京大学演習農場、他
このページのトップに戻る