オニノヤガラ  ラン科

オニノヤガラ 生薬名:テンマ ( 天麻 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

オニノヤガラは、葉緑体を持たないため光合成を行わず、他者(ナラタケ菌)から栄養を受けて成長する腐生植物です。 北海道から九州まで分布する希少種ですが、高温は生長に適さないため、関東以西では山地に自生します。
普通、木材腐朽菌のナラタケ菌と「共生」とされますが、オニノヤガラは、栄養を受け取るだけです。 ナラタケ菌側には利益をもたらさない菌従属栄養植物です。

茎は黄褐色で円柱状、直立して、草丈は60〜100cm内外になります。花期は6〜7月、茎の先端部に淡黄褐色の花数20〜40個の総状花序をつけます。
和名は、直立した茎が地面に突き刺さった長い矢を連想させるとして「鬼の矢柄」。 別名、ヌスビトノアシ(盗人の足)は、地中にある長楕円形の塊茎が泥棒の忍び足に似ているからという説などがあります。

薬用とするのは、塊茎で、鎮痛、鎮静を目的に漢方に処方されます。国内では希少種であるため、自生のものを利用するのは難しく、中国産の栽培品を使用しています。


開花後、1ケ月ほど経ると果実に亀裂が入り、小さな種子が播かれます。

2013.06.02New
オニノヤガラ Gastrodia elata
撮影:東京都薬用植物園
このページのトップへ