ラッキョウヤマラッキョウ ( ネギ科

ラッキョウ 生薬名:ガイハク 用途:食用

ラッキョウ(辣韮)は、中国原産の多年草で、鱗茎を食用とします。 特有の強い匂いと辛味を持ち、名前は、大きな韮で、味が辛辣(しんらつ、ピリリと辛い)であることからつけられています。
夏に休眠し、秋、鱗茎から葉をのばします。葉は線形で中空になっていて柔らかく、断面はやや5角になっています。10月頃、花茎を立ち上げ、茎頂に散形花序をつけます。 花茎には葉がなく、高さ15〜30cm程度。小花は子房上位、花被片は紅紫色で6枚、花糸は花被片より長くなります。普通、種子はできないとされます。葉の状態で越冬し、初夏に葉が枯れて休眠に入ります。

収穫は、葉が枯れる前の時期に行います。この頃には、鱗茎は分球して肥大し、白色から薄紫色を帯びた卵型になります。外皮を取り除いた後に、塩漬け、酢漬けなどにして食用とします。

薬用には、湯通しした後に乾燥したものを生薬名ガイハク(薤白)といい、去痰作用などの目的で、まれに漢方処方に配剤されます。
ラッキョウ Allium chinense G.Don syn. Allium bakeri Regel 撮影・東京都薬用植物園、他
属名 Allium は、ニンニクのローマ時代の古名で、臭うの意味の alere または halium 由来とされます。種小名 chinense は、中国の、中国産の。syn.の bakeri は、人名由来。

沖縄には「島らっきょう」と呼ばれる品種があります。本州のラッキョウより小さく細く、ネギのような辛みがあります。 調理法は、塩漬けや天ぷらなど多様ですが、葉も一緒に食べられます。塩漬けが簡単で、洗って外側の皮をむき、塩もみしてから1〜2日置くと食べることができます。
島らっきょう 沖縄産
エシャレット と エシャロット※1

軟白栽培したラッキョウの若採り品が、エシャレットという名前で販売されることがあります。 小型たまねぎの一種、エシャロット( 仏名 Echalote、英名 シャロット shallot ) と紛らわしい販売名で、店頭でも間違えることがあり、ラッキョウとエシャレットの名札が並んでいることもあります。 混同しないように、本来のエシャロット ※2のことは、ベルギー・エシャロットと呼び分けているお店もあります。

※1 エシャレットとエシャロット : 農林水産省・消費者相談 参照
※2 本来のエシャロット : エシャロットと呼ばれるものには、Allium oschaninii と A.ascalnicam の2種類ある。 A.oschaninii は、true shallot ( 本物のシャロット )または、gray shallot ( グレイ・シャロット )と呼ばれ、 A. ascalnicam L.は、false shallot ( 偽のシャロット )と呼ばれる。 いずれも、同様に食用とされる。shallot という言葉自体は、このネギの仲間を指す一般的な言葉。
Allium ascalnicam L. 撮影・東京都薬用植物園

ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウは、関東以西の山野にある多年草です。鱗茎は、細い円柱状で、黒い繊維に覆われています。 開花期は、花被片が紅紫色という色合いから、フィールドでも良く目立ちます。

ラッキョウの葉は(わかりにくい)5稜とされますが、ヤマラッキョウの葉には3つの稜があります。両種は花も似ていますが、ラッキョウの花柄は15〜30mmで、ヤマラッキョウは10〜15mmと短くなります。 反対に、花茎は30〜60cmあり、ラッキョウの15〜40cmよりも大きくなります。

ヤマラッキョウの葉は、冬に枯れますが、ラッキョウは、葉のままで越冬する点が異なります。それ以外の地上部は、全体的にラッキョウによく似ていて、一部分だけの比較では区別は難しいと思われます。
種小名 thunbergii は、人名由来。

2014.06.24.New
ヤマラッキョウ Allium thunbergii G.Don 撮影・箱根湿性花園
このページのトップへ