最大のラン グラマトフィルム・スペキオスム(ラン科)

いつ咲くか分からないという気まぐれなグラマトフィルム・スペキオスムは、人の背丈より大きく高さ3mにもなります。 成長すると茎の長さは、7メートル、一株の重量は、最大では2トン近くになることもあるという世界最大の蘭です。花径は、目視でノカンゾウと同じくらいで、一本の花茎に数十個もつきます。 大きいものでは、一株で10000個の花をつけることもあるそうです。英名は、Queen of the Orchids や Tiger Orchid 。花弁の模様は、タイガーの縞にも、ヒョウ柄にも見えます。

大きな花(花序)を咲かせるためには、それに見合う多くのエネルギーが必要です。 エネルギーを蓄積する期間が何年もかかる植物は、それゆえ、いつ咲くか分からないということになります。

東南アジア、ニューギニアなどの低地の木に着生するとのことですが、このランを支えるという木も、またすごいのでしょう。

2006.01.-2009.04.Re
グラマトフィルム・スペキオスム
Grammatophyllum speciosum 撮影・つくば実験植物園 2006.01.15

 ----- 気まぐれな開花 -----

コンニャクは、開花まで3〜4年かけて球茎に栄養を蓄えます。
センチュリー・プラントといわれるアオノリュウゼツランは、10〜60年くらいで咲き、高さ7〜8メートルの樹木のような花茎をのばします。
ハワイ固有種の英名シルバーソード(和名 銀剣草)は、5〜50年かけて開花します。
シルバーソードとアオノリュウゼツランは、1回の開花結実で枯れてしまいます。
ギンケンソウ 撮影・咲くやこの花館 2003.07.
Argyroxiphium sandwicense DC.ssp.macrocephalum
このページのトップへ