サイザル(アサ) / アオノリュウゼツラン ( キジカクシ科※1リュウゼツラン属
※1 キジカクシ科 Asparagaceae : 日本の科名として、クサスギカズラ科、アスパラガス科とする記述もある
リュウゼツラン属、ユッカ属、チトセラン属、リュウケツジュ属などは、肉厚の硬い葉をもち、自生環境が半乾燥地という点で類似しています。いずれも日本には野生種が存在しないグループです。 これらの属は、以前は独立した科とされていたリュウゼツラン科に含まれていましたが、APG分類では、キジカクシ科に分類されています。 リュウゼツラン属には、繊維を利用するもの、葉から採れる液からお酒をつくるもの、食用になるものなど、いくつかの有用植物もあります。
サイザルは、ユカタン半島原産の多年草。長い葉からとれる繊維は丈夫で水にも強く、船舶のロープや漁網などに利用されました。 サイザルアサの名で知られますが、アサ科に分類されたことはなく、よく利用された繊維の代名詞としてアサの名称が使われたものとみられます。 化学繊維が普及する前は、繊維作物として各地で栽培されました。
サイザルは、ロゼットを形成し、葉の長さは1.5〜2.0mになり、先が鋭くとがります。 若い葉の縁にある細かい鋸歯は、成長すると目立なくなりますが、ほとんど鋸歯のない個体も普通にあります。
花茎は、ロゼットの中心からたちあがり、樹木と見間違えるような5〜7m以上の高さになります。寿命は10年前後で、1つの株は1回だけ開花し、開花した株は枯死します。 サイザルは花茎に果実をつけないことから、不稔性の自然交雑種とみられています。花茎の枝先に小苗をつける(画像・下)ことで増殖を行います。

サイザルの名は、サイザルの繊維の積出港サイザル(Sisal、英名シーザル)に由来します。種小名 sisalana の由来も同じ。属名 Agave は、ギルシャ神話に登場する女性の名前から。
サイザル Agave sisalana Perrine 撮影・つくば実験植物園

アオノリュウゼツランは、サイザル同様に、常緑の多年草です。なかなか花を咲かせないことからセンチュリー・プラント(century plant)ともいわれています。 実際には、100年も必要ではなく、環境が良ければ10年程で咲くこともあります。ただ、成長が遅いと、開花までに60年を要するようなケースもあるとされます。

茎が短いため、葉がロゼットを形成するのもサイザルと同じです。花茎は円柱で、ロゼット※2から立ち上がり、高さ10mの樹木の様になります。 1回の稔性という属の傾向は、アオノリュウゼツランも同様で、開花結実後に株は枯死してしまいます。繁殖は種子の他に、花茎につく肉芽(球芽)が地面に落ちて成長したり、親株の元に子株をつけることによっても行います。
※2 ロゼット : 根際から出る葉(根生葉)が、放射状に展開する様子をバラ模様に例えてロゼットという。根生葉は、地上茎が無いか、ごく短い茎につくものをいう。

リュウゼツランの名前は、先が尖り葉縁に鋸歯のある肉厚の葉を竜の舌にたとえて竜舌蘭。ランとついていますが、もちろんランの近縁種ではありません。 狭義のリュウゼツランは、アオノリュウゼツランの変種で葉に黄色い斑が入っている Agave americana var. marginata を指します。 狭義のリュウゼツランと比べると、表面に粉を拭いたような緑色で、やや青く見えることからアオノリュウゼツラン「青の龍舌蘭」。

2014.03.22.New
アオノリュウゼツラン Agave americana L. 撮影・夢の島熱帯植物園、他
このページのトップへ