サフラン  アヤメ科

サフラン 生薬名:サフラン [ 局 ] 用途:漢方薬など・食品・染料
サフラン(safran・英語saffran)は、クロッカスの仲間※1で、秋咲きタイプになります。 花は球根から直接出て、筒状で細長く、先が淡紫色となり6裂します。
雄しべは、3本あり花粉は黄色。赤色の糸状のものは雌しべで、3本あるように見えるのは、1本が途中から3裂して長く伸びるためです。 柱頭の先端部分はらっぱ状に広がり、縁には鋸歯があります。
葉は球根から叢生し、長針状で高さ15cmほどになります。

※1 日本では、属名をクロッカス属ではなく、サフラン属ということが多い。

サフランの雌しべは、食品や染料、薬品に利用されています。利用の歴史は古く、古代アラビアでは雌しべを黄色の染料としていました。 名前の由来もアラビア語の黄色(safra)から名付けられたといわれています。食品としては、パエリアやブイヤベースのスパイスとして欠かせないものとなっています。
サフラン Crocus sativus L. 撮影・東京都薬用植物園
生薬としても、鎮痛、鎮静、通経の効果があり、現在でも婦人薬の配合剤として、月経困難や更年期障害に用いられています。
昔は、集めるのに大変な労力が必要だったため、貴重品とされていました。時代によっては、金より高価なこともあったようです。

サフランの栽培について。
高温多湿の日本では、天候に左右されることが多く露地栽培には不適とされる。そこで次のような方法が考案された。
(1)春、葉が枯れ始めた休眠間近の球茎(球根)を掘り出す。
(2)球茎を暗くした屋内に置く。
(3)10〜11月、花を摘み取り、雌しべを採取する。
(4)雌しべ採取後に、球茎を畑地に戻し地植する。

詳細は、大分県農業共同組合 竹田事業部ホームページ サフランとは 参照
生薬・サフラン
--- イヌサフランは、サフランではない ---
イヌサフランとサフランを混同するケースが見受けられることがあります。 両種は、全くの別物で、イヌサフランは有毒で、誤食すると危険です。 園芸店では、コルチカムの名前で店頭に並ぶことが多く、花を楽しむことは全く問題ありません。イヌサフラン


普通、園芸店でクロッカスというと、早春に咲く観賞用のクロッカスをさします。花の色は、白、黄色、紫などあり、品種改良されたものが出回っています。
雌しべは3裂しますが、サフランのように長く伸びることはありません。観賞用の利用に限定されます。

2003.10.New-2012.07.Re
クロッカス Crocus sp  品種不明
このページのトップへ